2018年7月29日日曜日

いまきん食堂のあか牛丼 日田で朝ポタ



昨日のオートポリスでのエンデューロから日田で家族で一泊した。

宿泊はみくまホテルという、三隈川沿いに立つ割と古いホテル。

朝は早朝ポタリングだけ。






昨日はオートポリスを発った後は、阿蘇は内牧にあるいまきん食堂へ。
オートポリスから片道40分くらいで12:00頃に到着。

既に70人待ちの状態で、番号を告げられて2時間後くらいに来てくださいと。

まあこのへん観光する場所はある程度あるので、時間つぶしには困らない。

少しお腹が空いている。2時間はたぶんもたない。



なんとかって神社だかお寺だか(忘れた笑)の近くにある、「たのや」という洋菓子屋さんへ。



たのシュー、という名物のシュークリーム。
普通のシュークリームの半分くらいのサイズで120円。

シューには砕いたナッツが散りばめられており、クリームは生クリームがたくさん入ったカスタード。



なかなかうまい。

が、うちの近くにあるfutabaのパイシューのがうまい。残念!



ちょっとだけ娘を放牧していい時間になったのでいまきん食堂に戻る。
時刻は14:20。店内に案内され、やっとこ昼食にありつく。

下調べでは、あか牛丼はもちろんのこと、チャンポンもうまいと評判。

あと、あか牛丼は+100円で大盛にできて、大盛はご飯だけではなく肉と温泉卵も増えるらしい。お得。メニューには載ってません。

ということであか牛丼大盛とチャンポンを頼んで、妻とシェアすることに。

10分くらい待ってチャンポンとあか牛丼が着丼。



周りの席の人が食べる丼より明らかに大きい。優越感とワクワク。



ごはんの上にレアに焼かれたあか牛のステーキ(脂が少ない赤身肉)とわさびと特性味噌と温泉卵2つ。

汁ものは味噌汁ではなくお吸い物。こちらにも牛肉が入っている。



なんと素晴らしい景色か。

妻に3年間くらい「いまきんいまきんいまきんいまきん」と念仏のように言われていて、やっと連れてこれた。私も初めて。



チャンポンは鶏ガラスープ。たっぷりの野菜と豚肉と海老やイカなどのシーフードも入っている。

あか牛丼は、脂身が少なくあっさりした牛ステーキ。肉質はかなり柔らかい。甘辛いソースもおいしい。
わさびに味噌に温泉卵に味変には事欠かないので、いろんな楽しみ方ができる(味噌は隠れているので最初によく探してみて)。

チャンポンもあっさりした中にごま油の風味が効いてて、おいしい(あか牛丼のインパクトにはまったくもって敵わないが)。
スープは旨みと甘みが凝縮している感じで、麺や野菜と一緒に食べるよりもスープを飲んだ方がそのおいしさが分かるかもしれない。

ただ、私もそうなんやけど、とんこつベースのチャンポンが好きな人にはちょっと物足りないかもしれない。

あとチャンポンはかなり熱いのと、表面を覆うごま油が熱が逃げるのを防いでくれている為、夏場にこれを頼むと汗だくになりながら食べることになることもあり、やはり王道のあか牛丼を頼んだほうがいいかもしれない笑

そんな感じで、2人(と娘にもチャンポンをちょっとおすそ分け)でペロッと完食。





お店の近くの謎の大きなイスと娘と記念撮影。



宿泊地の日田に向かう途中。
松原ダムがかなり水量が減っていた。

明けて今朝は、4:30に起きて朝ごはんの7:00までにすこーしだけ走って風呂に入る。



初めて飲んだけどうまいねこれ。













三隈川。

これって筑後川に繋がってるんやろうか?

屋形船が盛んで、夜は趣のある情景になる。



朝ごはんはホテルのバイキングでモリモリ食べる。

あんまり期待してなかったけど、全部うまかった。
朝から!?というツッコミあるかもしれんけど、唐揚げが中津唐揚げ風でにんにくが効いててめちゃめちゃうまかった(しかも揚げたて)。



娘氏はジュースを与えるとまったくごはん食べないので、ジュースはないってことにしてご飯を食べさせてからのジュース。いたく満足の御様子(100%オレンジジュースに。ごはんあんまり食べんかったし・・・)

走ったの5kmくらい。シューズすら履かずにクロックスでポタポタ笑

とにかく昨日攣ったまま走り続けた影響で脚がめちゃめちゃ痛い。歩くのも辛い。

コメントはFaceboookページもしくはTwitterにて受け付けております。


--- スポンサードリンク ---