2018年5月14日月曜日

日曜ローラーと出張前日朝夜練習



日曜は朝から雨予報。

降られるのも嫌やったので、久々にローラーをセット。




危ないので娘が起きる前にやりたかったけど、なんと普段8:00に起きる娘が6:30に起きてきた。
妻も寝ており、私はローラーセットしてレーパンまで履いている。
そして娘は私を探している模様。

仕方なしに自転車部屋に招き入れて、娘にはおもちゃで遊んでおいてもらう。
ホイールに身体を巻き込まないように注意しながら1時間のローラー終了。
左膝が痛く、強度はかなり低め。



翌日、月曜日。
火曜日は日帰り関東出張で練習できない(練習できても帰ってからかな・・・たぶん無理やけど)のと、この週末ほとんど乗れてないのでボリュームを稼ぐべく、朝から糸島へ。



膝の状況はあまりよくなく、かなり痛む。入念にウォーミングアップ。
膝が曲がった状態での入力で痛みが出るという特徴があり、ダンシングで高い位置から踏み下ろす分にはさほど痛みは感じない。
うーむ。謎。



ふとフジフィルムの「すり減った膝の軟骨を再生することにせいこう」というCMから、
「もしかして軟骨すり減ってるとか・・・?」
と気になったが・・・。
朝は35km走って出社。

社内のマッサージを予約して症状を見てもらう。
上述の軟骨の懸念も伝え、チェックしてもらったところ、軟骨すり減ってると痛むチェックには無反応だったので、軟骨はおそらく大丈夫らしい。

どうも傷んでいるところは裂孔という大腿骨と脛骨の間の関節で間違いなく、これ以上の診断は不可とのこと。

今回の左膝に関しては急に関節に痛みが現れてることから、小さな骨の損傷も考えられると。
右膝の持病(大腿四頭筋の停止部が痛む)も併せて、整形外科を受診することを勧められた。

ふむ・・・時間見つけて行ってみるかな。

で、そんな状態なのに帰りも遠回り笑

朝の糸島東部コースを反時計回りで。
夜は終始下ハン固定で走ってみる。
ペダルに体重を乗せる感覚が分かってよいなこれ。

最後に九大学研都市から周船寺に抜ける通りでしっかりめに踏んで終了。
23:30に帰宅。

最後のダッシュ、35km/hくらいからの加速で350W弱で踏み続けたけど、平均42km/hしか出てない。
KEBELなら45km/hくらいは出るんやろうなあ、とか思うと、フレームなのか、ホイールなのか、タイヤなのか、原因を追究してくなってきた。

たぶん全部なんやろうけど、タイヤ>ホイール>>フレーム、という感じの寄与の大きさな気がするな。

まずはKEBELで同じことやってみるか。

2h50m 75km 353m up 1579kJ 80rpm 135bpm NP216W TSS195


--- スポンサードリンク ---