2018年3月24日土曜日

しまなみ縦走2018に行ってきた 前編



毎年すごく楽しみにしているイベントである、しまなみ縦走に行ってきた。

しまなみ縦走とは(イベントページより引用)
「しまなみ縦走」は、自転車・歩行者道のある瀬戸内しまなみ海道の特色を生かし、広島県尾道市から愛媛県今治市間を結んだ約70kmの自転車歩行者道を舞台に、本州(尾道市)側、四国(今治市)側の他、途中の六つの島に設けたチェックポイント(全10か所)を「徒歩」または「自転車」で回るスタンプラリーです。
瀬戸内しまなみ海道の春の行事として定着してきました「しまなみ縦走」は、今回で21回目の開催となります。
2日間の開催日の中で、好きな時間に、好きな順序で、好きな場所から自由に参加できるイベントですので、皆様のご参加をお待ちしています。

 ということ。

しかも完走すると景品までもらえる素晴らしいイベント。

そんなイベントに、今年も行ってきた。






めかりSA。
今はレストラン・展望台は工事中で入れないのが残念であった。
(対岸の壇ノ浦も同様)

昨年と同様、今年も今治にて友人と待ち合わせている。
今治にて合流し、7:30に出発する為には、私は尾道を5:00頃に出る必要がある。
(昨年実績は片道2.5時間)

そんなわけで、現地で少し寝る為に21:00に福岡を出発。


夜中の1時頃に到着し、しばしの休息(睡眠)を取り、3:30起床。



朝ごはんのチョコチップビスケットをmgmg・・・。
ミスターイトウのが100倍うまい・・・。




ローソンでお口直しをして、予定通り4:00スタート。




当たり前やけど、真っ暗。
しかし、そもそも信号の少ないしまなみ海道サイクリングコースが、7:00までは信号もほぼ点滅信号となり、信号待ちの時間が極端に減る為、非常に快適に走ることができる。

適度なアップダウンもあり、トレーニングするにもかなりいい環境。




TTのつもりでトレーニングペースでゴリゴリ進みつつ、時折ストップして写真を撮る。
たまらなく楽しい・・・。



レモン、はっさく、いよかん、etcを名産としているこの地方、しまなみ海道の沿道にもレモンの畑がたくさんあり、特に無風の時などはレモンのいい香りが漂っている。



日の出とともに浮かび上がる素晴らしい景色に見とれつつ、立ち止まってはカメラを取り出して撮影、ということを繰り返していたら、予定よりも随分と遅くなってしまった。
集合時間までのマージンを食いつぶしてしまいそうだったので、急ぎ足で走る。



が、走れど走れど現れる絶景・・・




いくらでも撮れてしまう絶景・・・。



しまなみ海道、初めて来たときは「大したことないな」が率直な感想やったけど、来れば来るほどにそのよさに気づかされる。





ちょっと寄り道すれば過去数年とはまったく異なる景色が現れるのでおもしろい。












朝日を浴びながらひた走る(しょっちゅう止まって写真を撮る:笑)



あー集合時間に遅れるううううう。
と焦っていたら、友人から「今治駅から迷ってるから集合遅れそう」という連絡が。



そんなわけで休憩 笑
ミスターイトウのチョコチップクッキーは神。



今治側最後の橋である、来島海峡大橋が見えてくればゴールは目の前なんやけど、この橋がまた長い・・・。



グルグルっと上って、おりゃーっと橋の上を走って、集合場所に到着、ってところで前編はおしまい。

しまなみ縦走2018に行ってきた_後編はコチラ
しまなみ縦走2018に行ってきた_グルメ編はコチラ








--- スポンサードリンク ---