2018年2月14日水曜日

DP2 Merrillというカメラ



ここ数日、ライドのお供にDP2 Merrillを持ち出している。

モンスターカメラと呼ばれるその画質にはため息が出るばかりである(もちろんいい意味で、だ)

しかしこのカメラ、欠点も多く含んでいる。




1. AF速度がまあまあ遅い
2. 液晶画面が汚い
3. UIが使いにくい
4. 画像処理が極端に遅い、CPUが弱い(?)
5. レリーズボタンのクリック感が弱い
6. バッテリーが壊滅的にもたない



RPGで例えると。

レベルが上がるとポイントが与えられ、それを自由にステータスに振れるシステムだとすると、「攻撃力」にすべてのパラメータを振って、素早さやかしこさ、防御力には一切振りませんでした。

そんなカメラなんですな。
つまり画質以外のパラメータは捨てている。



最近気になるのは

5. レリーズボタンのクリック感が弱い
6. バッテリーが壊滅的にもたない

この2つ。

レリーズ半押しの状態でフォーカスリングを回すとピント拡大できるのだが、フォーカスリングの動きがそれほどスムースではないため、ちょっと力が入ってしまった拍子にレリーズボタンが押し込まれてしまうという事案が多発。

で、そんなことを繰り返しているうちに、60ショットくらいでバッテリーが空になるというね・・・。



ただバッテリーに関しては消耗品であることを重々理解したうえで、さすがに5年も前のカメラなのでバッテリー劣化の可能性もあろうかと、溜まったポイント(売上金)を利用してメルカリで新品バッテリーを2本購入しておいた。

3月のしまなみ海道ではバッテリー2本で走り切れるといいな・・・。

なんてことを考えつつ、今日はしっかり通勤遠回りできて60km弱。


--- スポンサードリンク ---