2018年1月19日金曜日

娘退院と久々のチャリ通勤



お久しぶりです。

実は娘がインフルエンザに掛かってしまい、熱性痙攣というやつを3回起こして入院確定と結構心配な状態が日曜(1/14)から続いていた。

脳への以上がないことも確認でき、熱も下がって落ち着いたので昨日無事退院したんやけど、まだ体力が全然戻ってないらしく、元気がない。

それでも、退屈な病院(インフル感染のため個室から出られない)よりもやはり我が家が楽しいらしく、時折弱弱しく笑う。

小さい身体でよく頑張ったな、と褒めてやるとともに、なるべく一緒にいてやろうと昨晩は抱っこ多めで過ごしたり。





娘、インフルで熱出てしんどいし、薬でしんどいし、病院退屈やしで愚図る。

で、入院中は私もいろいろとやることがあったり、そもそも雨で乗れなかったりで練習は先週の土曜以降3日ほど休んでいた(そういえば火曜に30分くらいローラー回したか)けども、今日は天気も安定しそうだったのでチャリ通勤することに。

前夜ちょっと夜更かししてしまったこともあり、 4:30の目覚ましには気付くこともなく6:00起床。

暗い外を見渡してみると路面びっちゃびちゃで4:30起きできてても遠回りはきつかったか、という感触。と正当化しておく笑

で、7:00に出発してみてもやはり路面はびちゃびちゃで、最短経路で会社に行くつもりで家を出たけど、自転車の楽しさを1漕ぎ目で思い出して気付いたら糸島に向かってた笑



今冬はとにかくエアロビックベースを鍛えるために、心拍数は150以下に抑えるというルールのもと、 桜井峠経由で糸島東部をグルっと回って出社。

いい有酸素運動になった。

ちなみに、以前から「上りではその勾配の分だけ楽に高出力が出ている気がする」と思っていて、最近真面目に心拍見ながら走ってるのもあり、果たして上記の感覚が正しいのか試してみることに。

平地では出力220W/150bpmくらいやけど、上りで心拍数に対して出力が高ければ上記の感覚は正しいことになる。

で、桜井峠では220W/150bpm。平地と同じ。
むむ・・・勘違いやったか。

とはいえ、入力に対しての垂直抗力って上りと平坦(と下りも)では違う気がするから、高出力になればなるほど平地では維持しにくく(スピードが上がってペダルからの反力が小さくなる)、上りでは維持しやすい(勾配によりペダルからの反力が強い)のは間違ってないと思うけどな。

帰りは20:00に脱社。

 

来週からまた天気崩れるらしいので、今のうちに練習量を稼いでおくつもりで帰りも遠回り。

と思ってたけど、娘が私を待っているっぽいとLINEが入ったので、直帰。

週末はロングに行きたい気持ちもあるが、娘が久々に帰って来たので一緒に過ごすのもありかなあ。

-----

ご意見、コメント、メッセージ等はTKTN日誌のFacebookページにお願いします。
また、Facebookページへのいいね!を頂けますとブログ更新の大変な励みになります。
--- スポンサードリンク ---