2017年10月26日木曜日

疲労蓄積状態で通勤トレ



疲労蓄積というか、アルコール蓄積・・・。

昨晩はビールを1.5Lほど飲んでベロベロになって、朝5:00起きならず。
5:30に起きるも心拍数かなり高く53bpm。
おまけに明らかに酒が残っており、ボーっとする・・・。

こんな日は朝練しない方がいいよね。





なーんてことにはならず、普通にいつも通りの6:00過ぎに家を出発して日向峠へ。

酒残りでボーっとするけど、脚の周りは悪くない。
首から腰に掛けて、昨日の三瀬峠の影響かやや疲れを感じるけど、走れないほどではない。というか誤差レベルの疲労かな。

今朝は特段寒くて、家を出た時点で気温は11℃。
日向峠の上り口ではPioneerサイコンは5℃を示してたけど、うーん、さすがにそこまでじゃない気が。

上り口まで軽く回してウォーミングアップが済んだら、ウインドブレーカー脱いで上はロングジャージで登坂開始。

200Wくらいで入って、39×25でクルクル上ろうかな、と当初思っていたけども、ヘアピン抜けたところで思い直して39×18に。つまりアウタートップ(53×25)とほぼ同じギア比。

踏むのも意外といけて、序盤ゆっくりやったのでタイムこそ大したことないけど、最終的には330Wくらいで。

下りはクルマにふんづまりになりつつ、ああウインドブレーカー着忘れた。あんまり寒くないけど。



毎朝、金武側の下りで朝日が差す福岡市内を見るのが結構楽しみで。

スプリント1回入れて出社。Max 800Wとしょぼいけど、リュックめっちゃ邪魔なんや。

で、今日もテキトーに仕事して17:00脱社。この生活が退職まで続けばいいのに。



朝と同じ位置で撮ってみた。





いつものコースを。
いつもとは違う時間に。



日向フルーツが開いてるところ初めて見たかも。

日向峠は序盤の急坂区間から踏み始める。

ギアは39×18を基準に、勾配が緩んだら1段上げる感じ。

最終的に350Wくらいで登頂して、下り。

昨日の三瀬と違い、日向峠は完全にコースが頭に入ってるので超楽しい。

さしずめカーレースのゲームのように、

「ここはノーブレーキで曲がれるところ」

という感覚が染みついてるので、自分の組み立て通りに走れるのが楽しい。

下って末永から千里までもある程度踏んでフィニッシュ。

202バイパスで九○トラックと社名が書かれたトラックに超絶な幅寄せ食らったのでムカついて全開で追い掛けて追い付いて、ナンバープレートと社名の写真撮ってさよなら。

運転手引きずり降ろしたりは得策じゃない。
だって幅寄せなんて非人道的なことするやつは、ケモノやから。人間の言葉通じない。

通報したら、とか、会社に電凸とか考えたけど、そもそも接触してなければ立件できないのと、ドラレコ等で撮影した証拠がないと取り合うこともできないんだとか。

ということで、○州トラックの当該ドライバーにはむかっ腹が立つけど、どうにもできないことは考えないことにする。

--- スポンサードリンク ---