2017年9月22日金曜日

FT村氏の英彦山調整夜錬


# これは英彦山試走時の写真だ

9/24(日)に迫る英彦山サイクルタイムトライアルに出走するFT村氏(28歳。独身やと思ってたけど既婚者やった笑)

もともと9/23(土)の早朝から調整で走る(なぜかヒルクライムレース前日長野峠含む100kmコース、というちょっとよくわからん希望があったが)ことになってたんやけど、日曜に予定していた休出が、他の休出者との調整(安全管理上1人勤務できない)で土曜休出を余儀なくされ、9/23の調整走は不可に。

ということで、その埋め合わせで9/22(金)の夜にちょっと走ろうか、ということになり候。




仕事終えて帰ってメシ食うて、20:30に今宿発。

本日のマシンはKEBEL。
ホイールはもちろんsacraクリンチャー50mm。

コースは糸島峠往復で。
ペースや先頭交替についてはFT村氏の調整の為に、一任する。

一任するが、末永まではウォームアップで。
糸島峠はやや息が弾むペースで入り、勾配が上がる区間からFT村氏が踏み始めたので私も反応。

ピークまでそれなりに負荷掛けて、下りでは無理に着いてこないように伝えて、折り返して下る。

末永まで下って、千里(飯氏)までのTT開始。
レース控えてるFT村氏に無理させてはいけないので、スルスルと加速していくと着いてくる意志が伝わってきたので、ほどなくして全開走行開始。





ロケット・・・点火!

一気に50km/hオーバーまで引き上げて、その速度を維持する。

個人TTのつもりで、FT村氏は前に出させず(つまり先頭交替の合図をせず)、とにかく全開で走り抜けることに集中する。

いつもはR.T.Forcia+フルクラムレーシング5という通勤号でここのTTやってるけど、KEBEL+sacra 50mmやと速度のノリが全然違う。

Forcia+レー5やと43km/hくらいで頭打ち感がありかなりきついけど、40km/hから先まだまだ加速感がある。45km/hオーバーの状態でも失速する感じがない。

半分くらいのあたりで引き千切るつもりで全開走行してたけど、結局引きちぎることはできずに千里に到達。

通勤号で完全な全開走で5:09 平均45.6km/hやったのが、KEBEL+sacra 50mmで4:52 平均48.2km/h。

ディープリムの平坦でのメリットっていままでそこまで感じたことなかったけど、こうやってみるとかなり効果が大きいことが分かるね。

もうちょい練習してペースも考えて平均50km/hオーバーを狙いたいところ。
あとはエアロヘルメット(EVADE)とシューズカバーで稼ぐか笑


SACRA 4G-50-CL フルカーボンクリンチャー シマノ/スラム用 前後セット
by カエレバ

veloTOZE(ベロトーゼ) Tall シューズカバー М・L 自転車 ヴェロトーゼ bebike
by カエレバ








--- スポンサードリンク ---