2017年8月12日土曜日

ママチャリ耐久レース@オートポリス 2017夏(2017年8月11日)



会社の部署で参加してきた。

■大会概要
使用車両は原則ママチャリのみで、3人以上10人以下のチームを組んでリレー形式でオートポリスを4時間走るイベント。

■クラス分け
①アンダー24インチ【自転車の車輪サイズが24インチ以下】
②シニア 【選手全員が35歳以上で、平均年齢が45歳以上】
③ジュニア 【選手全員が18歳未満で、平均年齢が16歳以下】
④ファミリー 【1家族で構成。必ず、中学生以下の家族が居ること】
⑤レディース 【女性のみ】
⑥ 一 般 【上記以外】
⑦変速機付 【変速機が付いているママチャリで車輪サイズ・変速段の規定無し】
募集要項より引用

順位やチーム構成などは募集要項をご覧いただくとして。

今回は変速機付きチームで出走。

「普通婦人自転車で、前かご、ベル、スタンド、ライトが付いている事。」
という規定があるので、ロードをママチャリ風に改造したものや、ママチャリのホイールをロードのものに換装したもの、等は認められない。

※これ反則やろ・・・というクロスバイクはいた。

8/11の夏の部では85チームが出走した模様。

注意点は、
・3人以上でチームを組まなければいけない
・交代は必ずピットレーンで
・ピットレーンは降車しておしチャリ
・1コーナーから3コーナーまではペダルを漕いではいけないゾーン(大きな看板表示がある)
ということ。

つまり、交代はなるべく少ない方がタイムロスが少なく、高順位を狙える。

が、そもそもお祭り気分で参加しているので、うちのチームは15回近く交代した笑




受付は8:30に行われる。

正直福岡からこの時間に間に合わせようとすると6:00過ぎに自宅を出る必要があり、結構きつい。

そこで事務局に聞いてみたところ、

「受付代表者と参加車両・ヘルメット等の装備品だけ持って受付に来ればOK」

とのことで、TKTNのみ8:30に着くように出発し、他メンバは10:30頃に着くように移動してもらった。



会場ではいくつか露店も開かれる。
唐揚げやソフトクリームもある。

ドライバーズサロンという食堂は空調も効いており、暑さに耐えられないご家族はこちらへ。

と思ってたけど、今回はかなり涼しかったため、家族はずっとピットレーンで談笑を楽しんでいた。

スタートは11:30。
1番手の選手は11:20にはグリッドに並ぶ。

1周目はパレードランで先導者が就く。
先導車の追い越しは禁止。

スタート2分前。

レーシングカーやレーシングバイクがアクセルを吹かすように、ママチャリのチリンチリンベルがサーキット内に鳴り響く笑



普段からロードで結構なトレーニングを積んでいるので、まあママチャリでのオートポリスとか余裕やろ、と余裕ぶっこいていたけど、実際に走り出してみると久々のレースの高揚感からオーバーペースで入ってしまう。



更に言うと、サドル高が低く、ハンドルが近く、まったくポジションが合わない。
最後の上りはダンシングでクリアすればいいやと考えていたが、なんとダンシングのしにくいこと・・・。
サドルは交代の時に上げればいいやと考えていたが、一番上に上げてもまだ足りなかった・・・(私は身長168cmと標準よりやや低い)



また、なるべくタイムロスを抑えるためにピットレーンはママチャリを押して走ることが多いのだが、これが地味に脚と体力に効いてくる。

このオーバーペースによる体力の異常消耗は私だけでなく、メンバ全員に共通していた。
2順目からは1順目の教訓を活かしてペースを抑え気味に走ることで、安全に走り切ることができた。



夏っすなあ。



そんなわけであっという間に4時間が過ぎ、平凡な順位で終了。

今回唯一無二の目標は
「事故怪我なく家に帰りつくこと」
だったので、それが達成できたことに一番の安心を覚えた。


--- スポンサードリンク ---