2017年7月8日土曜日

母々の手(かかのて) @長崎県平戸市



新しい愛車のRP型ステップワゴンスパーダのロングドライブのお試し。

平戸は母々の手(かかのて)という食堂に行ってきた。

この食堂、漁師が経営する海鮮系の食べ放題しかメニューがないんやけど、なんと刺身も食べ放題。

ここ最近業務多忙で疲労度が高かったこともあり、妻から「今週末はおいしいもの食べにいこう」という打診があっての今回の旅程。




9:30前 福岡市を出発



途中、ACC(アダプティブクルーズコントロール=設定速度内で前車がいれば加減速ともに追従する機能)とLKAS(車線維持支援システム=車線をカメラで認識し、走行位置をキープしてくれる機能)に運転を任せてみる。

高速では車線がしっかり引かれていて、LKASが作動しない急カーブもないため、アクセルにもブレーキにもハンドルにも触れずに、勝手に目的にに向かってくれる。

正直これには驚いた。

あんまり横着すると、勝手にLKAS解除して「ハンドル握れやコラー!」な警告が出るんやけど、ハンドルさえ握ってれば、勝手にステアリングがカーブに合わせて反応してくれるし、速度は設定範囲内で前車がいれば加減速追従してくれる。

大阪帰るのも、しまなみ海道走りに行くのも、すごく楽になるだろうことが予想される。

運転の楽しさというやつは著しく損なわれるけど、ステップワゴンはじめホンダ車はそもそも脚がかなり硬く(しかもスパーダはなおさら)、低重心に設計されてるので、ファミリーカーといえど、剛性感は高く、それなりの走行の楽しさはある。

ホンダセンシングに感動しながら途中高速を使いつつ、12:00に120kmほど離れた母々の手に到着。




冒頭の写真のように、店構えは結構キレイ。
中もエアコンがしっかり効いていて涼しく(訪問は7月初旬)、快適。

バイキング形式の料理提供のみで、料金は大人1人2,200円。



まずは刺身の盛り合わせが出てくる。
大人2名分でこの量。

これだけでも、福岡市内で食べようものなら2,000~3,000円はするんじゃなかろうかという内容。

鮮度も高く、身はプリプリである。

ヒラマサ、カンパチ、ブリ、マアジ、トビウオ、クロ、チヌ、真鯛、アオリイカなどなど、刺身の種類も豊富。

そして1皿空けると、何度でもおかわりができる。

おかわりに関しては、基本的にはおばちゃんのお任せコース。
ただし好みは聞いてくれるので、「イカ多めで」などの注文もある程度融通を利かせてくれる。



バイキングメニューは肉(牛、豚、鶏)はなく、魚の揚げ物が多い。

なかでもアオリイカの天ぷらとキビナゴの紫蘇巻きがおいしかった。



最初に刺盛と一緒に出てくるあら汁も、しっかり出汁が出ていておいしい。



今回は小さなこどもがいることもあり、こんな感じの船座敷に案内してもらった。



うーん。
これで2,200円は安い。



ある程度お腹を膨らませたら、最後はセルフ漬け丼でフィニッシュ。

ごちそうさまでした。



平戸は海ばかり注目されがちやけど、実は山も原風景溢れてて素敵。



次は自転車で来ようかな。

お土産にカスドース買って帰宅。


--- スポンサードリンク ---