2017年6月15日木曜日

SACRAホイールのセンター出しと休足日



本日は事務手続きにつき会社は午前半休。

6:00起きで9:30の出発まで時間があったので、いろいろと普段やらないことをやった。

そのうちの1つが、前から気になってたSACRAホイールのセンター出し。



センター出しの前に、

・PCのスタートアップアプリの無効化
最近やたらと起動が遅い&慢性的にCPUフル稼働状態でファンの音が精神衛生上よろしくなかった。
タスクマネージャからスタートアッププロセスを見てみると、
「こんなんいらんやろ」
なプロセスばかりやったのでいろいろ無効化。
ひとまずこの状態で静観してみることに。

・いらないもの整理
おもに郵送物。DoCoMoの明細とか。
週末来客があるので少しでも小奇麗にしておくためにいらない書類全部ポイ。

・そしてSACRAのセンター出し
いよいよ本題。

そもそも商品出荷状態でリアのセンターがずれていて、ノンドライブ側に寄っていた。

ドライブ側を締め上げて寄せるか(もしくは、併せてノンドライブ側のテンションを緩める)どうかの判断の為にスポークテンションを測ってみると、パークツールのテンションゲージで21~23くらい。
換算表が見当たらなかったので何kgfかは分からんw

ひとまずこの値が大きく崩れない範囲でやろうと。

で、まずはドライブ側を締め上げてリムがセンターに来るようにしてみて、再度テンションゲージで測定。
22~23くらいとあまり大きく数値が変わらなかったので、ノンドライブ側はこのままでいいや、ということでおしまい。
※SACRAもリムの頑丈さには自信持ってるみたいやし・・・大丈夫っしょ。とテキトーに。



ひとまずこれで心のわだかまりが1つ取れたかな。

そういえば、センター出してて気付いたことがある。

先日長野峠に上った際に、リアからキシキシと音がなっていたのが気になったんやけど。
よくよく考えたら、スポークが馴染んで捻じれてたっぽい。エアロスポークの向きがいくつか変わっていた。

ということで、ニギニギして馴染ませておく。

あとはついでに、通勤用のRacing 5 LGもスポークが捻じれてたのでこちらも捻じれを修正しておく。



せっかくのエアロスポークも捻じれてしまえば抵抗でしかないので、下記は持っておくことをおすすめする。

パークツール スポークレンチ
※一般的なユニバーサルサイズのものより、こういった専用品の方がスポークを傷つけないので圧倒的におすすめ

ブレイデッドスポークホルダ
※これがないとエアロスポークの捻じれは取れない

パークツール スポークテンションメーター MT-1
※スポークテンション上げ/下げすぎない為にも、テンションメーターを持っておくと安心

ミノウラ 振れ取り台
※これがあるとホイール組めるよ!完組ホイールの振れ取りも余裕!


・・・で、今日は自転車なし。

というのも、ちょっと筋疲労が大きすぎる。
事務手続きの用事もあるし、今日は休足日とした。

更に、会社にはBCAAたっぷり仕込んだボトルを持って行って、ちょびちょび飲みながら必須アミノ酸補給して回復に努める。


あんまり関係ないけど、遠回りしての通勤における練習量が、週間練習量の大半を占めている中、このパワーデータがないのは非常にもったいないので、通勤用としてStagesPowerを導入することにした。

両側計測できるのが一番やけど、いまいまKEBELにパイオニアペダリングモニター左右付いてるので、まあ平日用は片側でいいか、と。

--- スポンサードリンク ---