2017年6月3日土曜日

SACRA 50mmクリンチャーシェイクダウンライド



もうこのホイール1本でええやん。
他のホイールいらんやん。

そう思ったことないかな。

SACRA 50mm クリンチャーは、私にとってそういうホイールやった。


昨日届いたSACRA 50mm クリンチャーを愛車KEBELに履かせて、さっそく100kmの上りアリ下りアリ平坦アリ向かい風アリ横風アリなライドへ。






6:00前 スタート

4:30には起きていたけど、朝食食べてウダウダしてたら6:00前になってしまった。



まずはウォーミングアップがてらゆるーーーーーーい上り勾配の平坦を走る。

詳細はレビュー記事にするので書かないが、走り始めの1踏み目から、ホイールそのものの剛性の高さがうかがい知れた。



入力に対して非常に素直な反応を見せてくれる。

ICANでもさほど不満はなかったけど、これを経験してしまうと、「ICANなんやったんや」状態。



さっそく糸島峠へ。

ここは5%ほどの勾配から始まり、10%を越える勾配が途中しばらく続く。
勢いだけでは上り切れない峠。



SACRAホイールのレビューを見ると

「長い上りでは使えない(意訳)」

という意見が散見されるが。

いやいや。

普通に使える。

おそらくリム含めたホイール全体の剛性から、ホイールそのものの重さ以上にパワーを受け止める剛性が備わっているものと思われる。



とりあえず5~10%、10分ほどの上りレベルではこのホイールの弱点にはなりえないことが分かってよかった。



次は三瀬峠。

勾配の緩急を繰り返す峠で、ここもやはり途中で10%を超える勾配区間がある。

ゆっくりなペースでも20分ほど掛かる峠やけど、ここも楽々クリア。



レーシングゼロを処分して久しいけど、高剛性ホイールって反則やな。
レーゼロまた欲しくなった。

三瀬登頂したらそのまま佐賀側に下って北山ダムまで。



新しく履いたミシュランパワーコンペティションが絶賛皮剥き中の為、下りでの攻め方はかなり抑え気味やったけども、このホイール、一番得意なのは下りのコーナリングかもしれん。

とにかくその剛性の高さから、切り返しやターンインがクイック。
ホイールそのものがコーナリングGに負けないので、ターンイン後のセルフステアも簡単に出る。



おまけにその空力性能の高さから、下りではグングン加速する。

高ハイトリムってこんな楽しかったっけー♪

と上機嫌。



北山ダムから北天グリーンロード経由で長野峠佐賀側登り口まで。



うーん。かっけえ。



ここ最近毎週末ここ(長野峠佐賀側登り口)でコーラ飲んでる希ガス。



この山深い景色が好きで。



長野峠のピークをクリアして、そのまま八反田へ下る。



新しくできた、ファミマ糸島長糸店で小休止。



中学時代好きで毎週末(塾で)食べてたジャンバラヤ。

そもそも味すら忘れてたけど、うまかった。

そのまま糸島大周回のコースへ。

以後は踏んだり回したりゆっくり走ったりしながら。









立石山上って気付いたけど、10%程度までの坂ならパワーで押し切れるけども、15%を超えるような坂では、やはりリムの重さが出てしまってやや引きずるような感覚になる。

まあ、私の主戦場ではないので気にしていないが・・・。



糸島大周回のコースに入ると、向かい風や横風にさらされることも多くなった。

SACRAホイールの横風耐性の確認のチャンス!



おそらく通常の50mmリムでは煽られて走行ラインが変わってしまいそうな横風でも、SACRAなら大丈夫、という場面が多かった。

横風の影響を受けないわけではないけど、一瞬持っていかれたフロントが自然と元の位置に戻る感じで、たしかに横風耐性は高いと思った。

これなら風が強い日も心配せずに常用できそう。



二見ヶ浦は観光客が多くなってきた。

もうじき水着のおねーさんが・・・。楽しみ♡



最後はスプリント。

向かい風やったけど、スプリントもその剛性の高さから難なくこなせてしまう。



いやーなんかいい買い物したな。
と感じた1日やった。

ちなみに今日の写真、いつもよりキレイやと思うけど、SIGMA 30mm F2.8 DN Artで撮ったもの。
--- スポンサードリンク ---