2017年6月17日土曜日

ロングやめてプチ山祭り 108km 2,300m up


5:30に起きるも、いろいろ書類記入等の雑務を抱えており、明日以降での対応が困難と思われたので、今日のうちにやっとこうとカキカキしてたら出発が8:00過ぎ。

門限14:00なので、こっからロングは厳しく、もう普通に好きなところ行ってみる感じにしたら結果的に山祭りチックになっていた。



まずは長野峠へ。

ペースは特に気にするでもなく。
結果的に麓から頂上まで30分ほど250Wくらいで淡々と。


そのまま佐賀側に下る。
緑が深くて静かで、やっぱ山好きやな。


いつもの麓でコーラ。

日差しが気持ちよくて、30分くらいダラダラしてた。


次は北天グリーンロード。
ここもペース気にせずまったりと。


かっけーなKEBEL。マジかっけー。


あの川入れないかなー、とか。


脊振に上る為に、金山林道を走る。


金山林道三瀬側からのアプローチってあんまりやらないけど、勾配きつめでかなりしんどい。


かなり暑くて、これでもかと言わんばかりに汗が出るけど、マルトデキストリンBCAA経口補水パウダー溶かしたドリンクボトルを1本持ってきていてチョビチョビ飲んでいるので、脚攣りの気配はまったくない。

経口補水パウダーいいなやっぱり。


ん、目的地はあれか?

いや、なんか違うな・・・。

脊振佐賀側は勾配付いてる区間頑張ったつもりやったけど、もう脚がないのかパワーは低めで平均240W強・・・。


着いた。マジきつい。

実は自衛隊道路も上ろうと思ってたけど、時間的に無理そうなのが変な意味で助け舟になったな・・・。逃げの姿勢よくない。次は上る。



広場までの道がウイニングロードみたいに感じる。


30分以上掛けてリアルゴールド飲んで。



自衛隊道路側をブレーキゴリゴリ掛けて下る。
SACRAホイールのブレーキテストでもある。


ブレーキシューが結構やばい鳴き方してたけど、ちょいちょい止まってブレーキ面を触ってみても、触れない温度ではなく。
放熱性高いのか?


こんな感じの九十九折れの連続で、カーボンクリンチャー殺しと言っても過言ではないと思う。

しかも道幅も広くなく、ハイスピードで下り中に対向車でも来ようものなら大事故になりかねないので、必然的にブレーキを引きずることになる。

五箇山ダムまで無事に下りて、五箇山ダムの周回路を走ってみることに。


このダムでかいっすな。

このへんでは一番規模がでかいんじゃなかろうか。


4~5年前、板屋峠から東脊振に抜ける為に使ってた道路も、いまはダムの底に。

ここでいろんな人と話しながら上って来たので、なんか感慨深いというか。感じ入るものがある。



このループ橋もスケールがデカい。


写真撮って、蒸し暑くて騒がしい下界に下りて、糸島峠経由で帰宅。

108km走って2,300m up。TSSは250くらい。

追加で脊振自衛隊道路上れば5km 400m up。

残り300mどこかで稼げば3,000m upになるな。
今度スーパーマップル見ながら考えてみようっと。
--- スポンサードリンク ---