2017年5月16日火曜日

朝峠越えと夜も峠越え



昨夜夜更かししてしまい、就寝は2:00。
夜更かしの原因はこちら(のむラボのブログ)
# ペダモニのマウントに謎のネジ穴がある。
# それを利用してジャンクションBをマウントした、というもの。
# 私のKEBELでもやってみようかなと。

正直5:30起ききついかなー、と思ったけど、思いの外早く起きれて6:00起き。
起床時心拍は38bpmで疲れはなさそう。

ということで7:00前に出発して朝練。

とその前に、昨日の調子(糸島峠)はどう考えてもおかしいやろ、と疑心暗鬼になって、もしやと思ってタイヤの空気圧測ってみたら前後ともに5bar台まで抜けてた。

なるほど。
だからか・・・。

8.5barまで空気入れて出発。





今日も峠越え。
とにかく上りをこなして、身体を上りに慣らしたいという思いと、昨日の(空気圧低すぎてタイヤを引きずるような)悪いイメージを払拭しておきたい、という思いで、日向峠へ。

今日もアウター縛り相当で頑張ることにして、上り始めは39×21で。

ペースは一定でジワジワとトルクを掛けていくために、リアを21→19→17とシフトアップ。

しっかり踏み切ってピークへ。

今日の日向峠はなぜかクルマが渋滞。おそらくトレーラーの走行速度が遅い為に、それに詰まってたってのが原因やと思うけど、前走ってるクルマが詰まって急ブレーキ掛けたりで結構ストレスフルな感じ。

昨日今日とかなり腰が結構張っててマッサージへ。

「ちょっと腰痛いくらいで、全体的には大したことない」

と所感を述べてほぐしてもらったが、予想通りの腰と、予想してなかった大臀筋の非常に強い張り。

大臀筋の張り方が尋常じゃなかったらしく、ほぐしがとても痛かった・・・。

が、一通りの施術を終えると、ビックリするくらいにほぐれた。

言ってみれば、往年の自転車マンガであるシャカリキ!に出てくる原監督のマッサージ。
大臀筋を押しただけで痛い、という筋硬結状態から、施術後は、マッサージャーが全体重を乗せて押してもなんともないくらいに。

マジですげーわ、と感心。

どちらが先かは分からないけど、今回の臀筋と腰の痛みはリンクしているらしい。
腰が張って臀筋まで緊張状態にあるか、その逆か。

脚は特に疲労がなく、

「TKTNさんいい筋肉してますね。筋肉量あるけどしなやか」

て感じで今さら褒められた。

嬉しい。

帰りは20:30脱社。
帰りも日向峠越えへ。

最初は上り始めからピークまでダンシングしようかと思ったけど、ほぐしてもらった腰と臀筋の調子を見たくて、シッティングとダンシング織り交ぜてわざとトルク掛けてみることに。

39×21と39×19を行ったり来たり、シッティングで上ったりダンシングで上ったり。

結果、腰には一切違和感なし。

末永から飯氏まではそれなりの負荷で踏んでみる。
珍しく後続の車がおらず。
5kmほどの道のりの半分くらいに達したところで、遥か後方(500mくらい?)に自動車のヘッドライトが見えてきた。

このまま抜かれずに走り切ってやろうと踏み直して、なんとかパスされることなく走り終えた。

■2h06m28s 52.73km 558.7m up 66.5rpm/122rpm 131bpm/176bpm



by カエレバ
--- スポンサードリンク ---