2017年3月8日水曜日

R9100/R9150 DURA-ACEを買おうと思っているのだが

昨日の不調が気になってた
免許更新の必要あり
朝6時に起きたら雨予報でアラレが降ってきた。

そんなわけで、今日は休足日にして免許更新。

で。

ボチボチdura ace 7970をグレードアップしてやりたいな、とか思ってたりして。



というのも。

10速コンポってもうオワコンじゃないっすか。
時代の主流は11速。
10速コンポは淘汰される道しか残ってない。
補修部品なんかもどんどんなくなって、なんか壊れたらヤフオクを漁らないといけない日々がそのうち来るのです。

シマノは12速いくかなあ~。
いったらそん時にコンポ乗せ換えかなあ~。

と思ってたんですが、どうやら現在のエンド幅のまま12速化というのは通常ありえないらしく。

まあ11速ですらオフセットリムとか必要になっちゃったりして、結構無理してるもんね。

ということで、エンド幅130mmの規格では11速が限界で、これ以上の多段化はない。
という前提で、KEBELを11速化しよう作戦を計画してみた。

もちろんDURA-ACE。Di2。
もう電動シフトじゃないロードとか無理です。慣れって怖い。
9000か9100かは悩ましい。

・9100はリアディレイラーのゲージがMTBっぽくてあんまり好きくない。
・9100はシンクロシフトっていいよね。
・9100はスマホでBTでDi2と接続して調整とかファームアップできるっていいよね。
ってのはある。

でも、

・9000のツートンカラーがあんまり好きじゃない
・今9000買うの?感がある

とはいえ、だ。

シンクロシフト、いる?
→フロント勝手に変わると困るよね。リアだけ変速する時とトルクの抜き方が違うし。

スマホでBT接続、いる?
→確かに便利やけど、1年に1回もやらないような・・・?

ということで、シンクロシフトとスマホ接続は(ボクの中で)メリットから除外されました。

さて。

めんどくさいので結論から言っちゃうと、あくまで希望で。

STI:R9150(9070のツートンカラーがダサイ)
ブレーキ:R9100(剛性が超高くていいらしい)
クランクセット:9000(パイオニアペダモニ買っちゃったし)
FD:R9150(9070のツートンカラーg略)
RD:R9150(9150の見た目がやっぱり・・・でも変速性能高そう)
※ちなみにR9170はディスク用です

つまり、今持ってる9000クランク以外は全部R9100系統ってこと。

R9150と9070はほぼ互換を謳っているらしいので、この組み合わせでも大丈夫でしょう。

まずもって、KEBELはケーブル類外装仕様で、バッテリーも外装する必要がある。

そうすると、各種チューブとジャンクション2つ、バッテリー(外装用)、バッテリー台座で、新たに買う必要があるものと、7970を使いまわせるものを棚下ろす必要がある。

そんなわけで、SHIMANOのDi2互換表を探してみると、E-tube互換表なるものを発見。

http://e-tubeproject.shimano.com/pdf/HM-CC.3.2.0-01-JA.pdf

E-tubeって単語に、嫌な予感がして・・・開いてみると、見事に7970がないw

初代のDi2であるDURA-ACE 7970に続いて登場したULTEGRA 6770から採用されたSHIMANOの電動コンポ規格(っていうのかな)で、E-tubeという電動用ケーブル規格を中心に、その末端部でポート形状を揃えることで、後の世代とも互換性を保っているのだけども、7970はDi2のプロトタイプ扱いなのか、E-tube規格ではないのです。

バッテリーマウント(マスターユニット)からジャンクションに至るまで、すべての互換性が、7970のみない。という悲しいことに。

ということで、おそらく使いまわせるパーツはゼロです(スプリンタースイッチも。。。)

・バッテリーマウント
 BM-DN100-Lという、バッテリーマウントを兼ねたマスターユニットが必要

・ジャンクションA
 SM-EW90-Bという5ポートジャンクション(ポートは多い方がいいでしょ)が必要

・ジャンクションB
 SM-JC40というやつが必要。これは外装用。

・シフター/スイッチ
 上述の通りR9150。スプリンタースイッチは・・・なくてもいいかな。

・変速システム
 前後R9150

・PC接続機器
 ワイヤレスで接続するのでいらない。

・ワイヤレスユニット
 外装バッテリーの場合は、BM-DN100を使用した上で、EW-WU101を通信ユニットとして必要とするらしい。
 EW-WU101はBTもANT+も対応しているので、例えば(というかやるけど)STIの亀頭部にひっそりとたたずむスイッチを、パイオニアサイコンのページ切り替えに使うことも可能。もちろん変速にも使える。
 TTポジション取るときは亀頭部を握るので、悩ましいですな。
 ちなみに7970にも亀頭部のスイッチがありますが、利用方法はありません(悲)

さて。

ではAmazonさんで買うと、コンポ総替えで一体いくらかかるのでしょうか。

・STI


・ブレーキ


・FD


・RD


・バッテリーマウント


・ジャンクションA


・ジャンクションB


・ワイヤレスユニット


こんなもんですな。
バッテリー本体は使いまわしが効きそう。
あとはケーブルカバーなんかも必要ですね。



もちろん、各ユニットを繋ぐエレクトリックワイヤーも。



ケーブルとカバーは抜いて、ざっと21万ってところか・・・。
ケーブルはというと、

[バッテリー]
 ┗[ジャンクションB]
[ジャンクションB]
 ┣[FD]
 ┣[RD]
 ┗[ジャンクションA]
[ジャンクションA]
 ┣[左レバー]
 ┣[右レバー]
 ┗[ワイヤレスユニット]

取り回しとか長さとかあるけど、だいたいこんな感じで、罫線の数だけケーブルがいるとすると、ざっと7本。1.5~2万くらいはいるってことか。

ちなみにSTIとFDとRDの3点セットを9070にすると・・・



3.5万もお財布に優しくなる・・・。

悩ましい。

ツートンカラー我慢すればいいだけの話なんですが。

うーむ。
91系はブレーキだけでいいかも。
--- スポンサードリンク ---