2017年2月15日水曜日

糸島大周回を反時計回りでLSD



普段の糸島大周回は時計回りですが、今日は反時計回りにしてみました。

というのも、末永から深江を繋ぐ県道49号ですが、ここをウォーミングアップに使うのは少々もったいないな、と思いまして。

脚の暖まり方次第ではありますが、反時計回りにして、二見ヶ浦くらいまでを景色みつつのウォーミングアップにすれば、糸島のアップダウンと県道49号のアップダウンでいい感じにやれるんじゃないかなあ、というのが狙い。






昨日と比べて今日は空気の透明度がちょっと高い。
天気もよくて、サイクリング日和。





いつもはトレーニングコース後半でハイペースになってることもある糸島東海岸線。
ゆっくり走ると気持ちいいっすな。



同じ道でも角度を変えれば景色は全然違う。



なんやかんやで深江までウォームアップ気味でしたが、深江過ぎて波呂の交差点から280W巡航トレーニング開始。



波呂から伊都ゴルフ場前まで、踏んでる期間は280Wを目標に。

当初平均280Wにしようかと思ったけど、ちょっとした下りや平坦で280Wで踏むのがかなりきつく、そのつじつま合わせで上りで330W、とかやるとトレーニングとしての狙い変わっちゃうな、と思って、踏んでる期間は280Wってことに。

■波呂~伊戸ゴルフ場
10'35 263W 165bpm/158bpm

パワーのグラフはちょっとガタついてるけど、まあいいとこいってるんじゃないかな。

井原(やったかな)から有田東も踏んで終了。

■井原(?)~有田東
4'56 288W 167bpm/153bpm



有田東から家まで淡々と走りつつ、こんな感じ(↑)でちょっと脇道にそれたりしながら帰宅。

帰ったら、昨日の雨もあってスプロケはこんな感じ↓



ドロドロ。デロデロ。

シャラシャラ音も大きくなってきたし、洗浄してビッカビカにしてやった。



チェーン洗浄で今日ちょっと試してみてよかったのが。

1. モータウンチェーンディグリーザーを吹き付けてちょっと待つ(油と汚れを浮かせる)
2. モータウンチェーンディグリーザーを吹き付けたサイクロンでグルグルゴシゴシ
3. 合わせてスプロケとチェーンリングをモータウンチェーンディグリーザーを吹き付けたブラシでゴシゴシ
4. ジョウロでディグリーザーを流す
5. 洗車用の洗剤を入れたサイクロンでグルグルゴシゴシ
6. ジョウロで洗剤を流す

今までやってなかった5の工程を追加してみました。

というのも、ある本を読んでいて、ディグリーザーでチェーンを洗っても、PTFEの樹脂粉がリンクに残っていては意味がない、かつ、揮発性のあるディグリーザーはそういった現象が起こりやすい、という文言から、

「モータウンでゴシゴシしてもリンク内に汚れって残ってるんじゃ・・・だから洗い終わった後にウエスでチェーン拭くとどす黒い液体が出てくるんじゃ・・・」

ということに気付き、洗剤の泡でどす黒い液体をすすいでやる、というのをやってみたわけ。

これがビンゴで、洗浄後にウエスで拭いても(ほとんど)ドスグロ液体が出ない。
ここまでやって、やっと注油できるってもんです。

ということで次は油膜セッティング厚め。

【ワコーズ チェーンルブ使用レポート中間メモ】
油膜セッティング:標準
距離:約60km(合計516km)
汚れ:チェーンもスプロケットもチェーンリングもドスグロです。
音鳴り:踏み込み時の音と、ごみが擦れたようなシャラシャラ音
備考:限界です!





ロードバイクトレーニングの科学 (洋泉社ムック)
by カエレバ







--- スポンサードリンク ---