2017年1月13日金曜日

OAKLEY JAWBREAKER (オークリー ジョウブレイカー)開梱レビュー



年末に注文していたジョウブレイカーがやっとこさ届いたので、さっそく開梱して眺めたり写真を撮ってみました。





このアイウェアが欲しいと思ったキッカケは、「スプリント時の視界」です。
一般的なサングラスやアイウェアに比べて、ジョウブレイカーは前方(上方)の視界がより開けるようなフレーム形状になっています。



また、全体的にレンズが大きく一眼タイプのため、フレームは視界に入りにくいですね。
フレーム下部は視界に入ります。
が。下部が気になるようなシチュエーションというのはそこまでないような気がします。

今回注文したのは、正式名称は、
Oakley - Jawbreaker Prizm Road
Polished White Prizm Road Lenses
だそうです。

カラーはいろいろと悩んだのですが、シンプルがよかった、というのと、このデカいレンズは顔を選ぶ気がしたので、より引き締まって見える、下部がブラックのものにしました。

サガンが使用している白フレームもかっこいいな、と思ったのですが、やはりレンズのデカさが際立ってしまいますよね・・・。



―http://www.cyclowired.jp/ より引用


かっこいいけどね・・・
でも、サガンってあのprevailですらかっこよく見えてしまうイケメンなので、自分も同じスペックだと思ってはいけない。絶対にだ。

さて、サガンに対する嫉妬は置いといて。ジョウブレイカーですよ。

このジョウブレイカー、自転車用として開発された(カヴェンディッシュ監修)とあって、いろいろと考えられています。


まずはテンプル。
テンプルがヘルメットのバンドに干渉してしまって、

ああ!もう少しテンプルが長かったら!(or 短かったら!)

ということ、結構あります。

特にボクが使っているKASKはup'n downシステムというやつがすごくでかい(でも被り心地にすごく寄与してるんですよ)ので、テンプルとの干渉はかなり気になってました。

で、このジョウブレイカー、テンプルが伸び縮みします。



この部分を



ガシャーンと持ち上げると、テンプル(画像の黒い部分)が前後に移動できます。
可動域は2~3cmというところでしょうか。
一番短くしても違和感はなかったです。

ちょっと気になったのは、この機構の為かテンプルのラバーが細く、薄いため、頭との接触部に少し尖った違和感を感じるかもしれません(ボクは普段下にキャップを被るので気にしないのですが)

そして、ジョウブレイカーのジョウブレイカーたる所以が、
Switchlock(スイッチロック)レンズ交換システム
ですね。

論より証拠。
見てみましょう。



この部分(ノーズ部分)を



カチッと跳ね上げれば、上部の爪に余裕ができるので、



それをパチッと外せば



ジョウ(顎=フレーム下部)がガオーと開く

ジョウボーンやレーシングジャケットにやや近い機構ですな。
オークリーのレンズ交換システムは、こういったギミックがかっこいいですよね。

ただ、デフォルトで交換レンズは付いてませんので、この機構の恩恵を受けるタイミングというのは、当面はレンズ洗浄時くらいでしょうか。



スモークもやや薄いので、もうちょっと濃いスモークのレンズも欲しいところですな。
夜用のクリアなんかもあるといいですな。

付属品はノーズパッドのみ。
これはスペアではなく、欧米人用とアジア人用です。



鼻が低い(or 小さい)人はアジア人用(画像右)、鼻が高い(or 大きい)人は欧米人用(画像左)を。

パッドの高さではなく、厚みでレンズやフレームの位置を決めてるんですな。


しばらく使い込んだら、使い込みレビューを書きたいと思います。



--- スポンサードリンク ---