2016年12月4日日曜日

昨日のパターンは再現するのか?アジングタックルで博多湾シーバス



今日はスッキリ晴れて夕日がめっちゃキレイでしたな。

そんなわけで、昨日のパターンが再現するのか、今日も行ってきました。

ただし、今日はより引きを楽しむ為、アジングタックルで。




◆実釣日時
2016/12/3(土) 17:00-19:30

◆釣行場所
博多湾西部の某所

◆潮周り
中潮
17:30 干潮

◆水温
不明

◆風
北から1m/s

◆ベイト状況
不明

◆天候
晴れ

◆気温
12℃

◆服装
普段着

◆持ち込みタックル(シーバス)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE Ajing S508L-S
Reel:SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS
Line: DUEL ARMORED F+ 0.2号 150m
Leader:バリバス アジングマスターリーダー フロロ1号 0.3ヒロ
Lure:ジグヘッド各種、5~12gのミノー、ペンシル
Target:シーバス

今回は、服装は普段着ですが、ライジャケフル装備で行ってみました。

かつ、自転車。

ライジャケの腹ポケットがペダリングの脚にに当たって重いですが、まあいい運動になりますな。

やっぱ釣りはライジャケのがいいですね。
背中にタモぶら下げられるし。

さて。
昨日の条件は、

・日が落ちる
・橋の常夜灯が付く
・上げ潮で橋脚上流側に反転流ができる

ということ。

ほぼほぼ昨日と同じ時間帯にアタってくるんじゃないかと予想して、ポイント押さえる為にかなり早めの17:00にポイントイン。

下げ止まり近くながら、かなり強烈な下げの流れが利いてます。

潮止まりは17:30の予定でしたが、実際に上げに入ったのは18:30頃。

漂流物の流れ方で流れの方向を判断してたんですが、

「あ、止まった?」

と感じてから上げ始めるまで、ほんの5分ほどの感覚でした。

河口付近ってこんなもんなんんですかね?


上記の条件が揃った頃に、予想通りライズが始まりました。

が。

誤算が1つ。

昨日は2本目の橋脚と1本目の橋脚の間でアタることが多かったのですが、今日は5.4fとロッドが短く、届いてもギリ1本目の橋脚。




重心移動システムのないミノーやペンシルなら、10gクラスでも1本目橋脚まで届かないのですが、AR-Cの入ったCOOやレスポンダーなら、同じ10gクラスでも断然飛びますね。
※青物用のペンシルではそこまでの優位性は感じなかったのですが


とはいえ、AR-C搭載しててもなんとか1本目をちょっと越えたところ。

フローティングペンシルは着水からアクションの立ち上がりまでで既に結構近づいてしまっており、なかなかアタらない。

フローティングペンシルからフローティングミノーに変えてみたり、シンキングミノーに変えてみたり。
シンキングミノーでたまーーーにアタるが、乗らない。


うーむ。。。


ここで、エコギア イワシヘッド5g+エコギア グラスミノーMに変更。

なんとか1本目と2本目の橋脚の間までは届くので、そこからなるべく沈まないように、たまーに2~3秒に1回軽くシェイクを入れながらリトリーブすると、かなり渋いアタリがでたまーに乗る。

という感じでチーバス(昨日より小さくて20cmくらい)を2匹キャッチ(リーダー掴んでフィッシュグリップ掛けようとしてる間にどちらもオートリリースしたので写真なし)して、帰宅。


やっぱエギングタックルがやりやすいっすなあ。



◆ヒットルアー





◆コアマンパワーヘッドとかカルティバ静ヘッドでもいいと思う







--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿