2016年12月3日土曜日

仕事終わりの博多湾シーバスゲーム



"TKTN、満を持してシーバスゲームに参戦か!?"


臨月の嫁さん異変につき、

「陣痛か!?」

と急いで仕事を切り上げて、帰宅。

したらどうも「前駆陣痛」とかいうやつらしく、まだ生まれまへん、と。

んだらちょっと今後の短時間釣行の為に近場調査でもいきますか、と。


近場で手軽に狙えるターゲットと言うとシーバス、アジ、メバル。

自宅近くにシーバスのスポットがあるので、今回はシーバスを選択。
やったことないけど、ミノーとかペンシルとか投げてりゃいいんでしょ?的なw




◆実釣日時
2016/12/2(金) 18:30-20:00

◆釣行場所
博多湾西部の某所

◆潮周り
中潮
17:02 干潮

◆水温
不明

◆風
北から1~2m/s

◆ベイト状況
不明

◆天候
晴れ

◆気温
14℃

◆服装
防寒スーツ上下

◆持ち込みタックル(シーバス)
Rod:SHIMANO Sephia XTUNE S806M
Reel:SHIMANO 14 STELLA(ステラ) C3000SDH
Line: GOSEN DONPEPE8 0.6号 200m
Leader:DUEL フロロカーボンリーダー 2号 2ヒロ
Lure:ミノー、バイブレーション、スピンテールジグ
Target:シーバス



シーバスタックルは処分したので、エギングタックルです。
感度いいし、ターゲットのサイズ小さくてもしっかり曲がるし、これ楽しいっしょ。

とりあえず自宅から原チャで5分の河口まで行って、準備していると、プライヤー忘れたことに気付く。おうふ。


プライヤーないと困るのは、魚からフック外す時ですな。

まあ・・・釣れるか分からんしね。

最悪手に刺さってもバーブレスやし、と開き直って開始。

釣行時間は1.5時間。

河口部で1時間ほどルアーを洗って、帰りに橋脚見てみようと移動したら、めっちゃ湧いとる。


SHIMANO レスポンダー109F通して・・・反応なし。

うーん。
ライズ音や水しぶき的に、たぶん20cmとか30cmのチーバスでしょう。
さすがに11cmのミノーは辛いかもしれん。

干潮から上げ始めたばっかりで底が見えてるし、底はかなりガレガレで根掛かり注意な感じ。

スピンテール21gを通して・・・根掛かりロスト
バイブレーション26gを通して・・・根掛かりロスト

これ以上ルアーを海の藻屑にするわけにはいかないので、SHIMANO COO 100Fに変えてトライ。

橋脚のきわきわをかすめるようにキャストし、超スローに橋脚の際を通すと・・・コツンとバイト。


おお、当たって来とるやん。


もっかい同じコースを通すと、コココココ…グググググ!

っしゃ乗ったー!

1回だけエラ洗いされて、大したサイズじゃないのでぶっこ抜き。



やっとまともな魚をオーシャングリップに掛けられた(チーバスやけど)。



30cmくらいかな?
(メジャー忘れた)

飲み込んだりもしておらず、写真撮ってる間に落ち着いたみたいなのでサクッとフック外して釣り再開。

どうもトレースコースに敏感らしく、橋脚の際を通さないと当たってこない(1m外れると当たらない)。

しっかり狙って際を通して、ドン!



ちょーっとだけサイズアップ。
40cmくらいかな。

この写真撮ってたらちょっと離れた位置で釣りしてたシーバスアングラーが近寄って来たのでちょっと会話して、ボクはリミット時間を迎えたので離脱。

これくらいのサイズならPEアジングタックルが楽しそうなので、次はアジングタックルで来てみよう。

手持ちのCOO 100Fは10g
70Fは7g

どっちもアジングロッドで投げれるな。


もちろんプライヤーとタモは忘れないように。

◆ヒットルアー
















--- スポンサードリンク ---