2016年11月24日木曜日

キャストのGIFアニメ作ってみた と、バーブレス化



なかなかいいんじゃない?

最後振り切った際にロッドティップが行き過ぎてるのが、


ラインの放出を抑制してしまうかなあ、


と思いつつ、ここはなかなか直らない・・・。



次回以降の課題にしようっと。



でも、キャスト時にたいぶコルスナエクスチューン曲げられるようになったかなあ。




と、#2/0サイズのフック(*)が在庫切れてたので追加。


ショアキャスティング始めてまもなく、すべてのフックをバーブレスにしてるボクですが、ST-56 #2/0相当のフックについてはバーブレスが手に入らず・・・。

*別注平政145Fやオシアスポウター120Fに使用

キャスティング福岡あたりまで行けばあるのかもしれませんが、少なくとも早良区西区の大手にはありませんでした。



おまけにAmazonにもなし。



ちなみに、Cultivaで言えば、バーブレス使用は

ST-**


ではなく、


STBL-**


といった製品名になります。



とはいえ、このクラス(#2/0)であればバーブを潰すのは簡単なので・・・、


SHIMANO パワープライヤーを使ってバーブを潰す。


ついでにアシストフックも切れてたので補充。


こちらももちろんバーブレス。

もともとはがまかつの鎌鼬バーブレスを使ってたけども、近所の釣具屋にはなかったので、手ごろなものを買って、バーブを潰す。


ニック プロZ。安くてよいです。
針先は若干甘いかな・・・。


バーブは簡単につぶせました。

鋼材として、折れにくく曲がりやすいかもしれません。
もしかすると。


そもそも、ボクがバーブレスにしている理由は、



「魚に優しく」



だとか、



「リリースしやすい」



だとか、



「手返し向上」



という理由ではなく、単純に



「自分もしくは他人に刺さったら痛いし、抜けないと困るから」



です。



バーブレスフックで80cm越えのヒラマサ、メーターシイラ他、ヤズやカンパチも獲りましたが、特に不安感はなかったですね。


特に水面でジャンプしまくるシイラもバラさなかったので、バーブレスだからといって顕著にバラシやすい、というわけではなさそうです。

それどころか、バーブレス仕様の方が刺さりがいいので、「獲る」という視点でも利点はありそうです。




そんなわけで、


これまでも、


これからも、


自分および周りの人間の為に、


あとちょっと魚の為に、


ボクはバーブレスです。


--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿