2016年11月16日水曜日

【アオリイカ】ただの刺身に飽きたらこれ。肝刺しと肝醤油【エギング】




前回のショアキャスティングの潮待ち時間に釣ったイカですが、いつもの刺身とはちょっと違う食べ方をしてみました。




家であんまりゴミ出したくないボクは、大概イカの胴体部分以外(エンペラ、内臓、ゲソ、etc)は海に還してたんですが、今回は、胴体とエンペラとゲソの一般的レギュラーメンバーに加えて、肝周りをお持ち帰り。



で、こうだあ。

肝のお刺身。

イカの肝というと、塩辛で有名ですが、今回はこれ、まるまま行っちゃいます。

とはいえ、まあ当然こいつをそのまま行くと濃厚過ぎて好き嫌いが激しく分かれてしまうので、肝周りの肉と一緒にわさび醤油に付けて。


これがね、うまいんですわ。

肝自体も濃厚でうまいんですが、周りの肉がモチモチしてまして。

その濃厚さに飽きて来たら、肝をわさび醤油にちょっと溶かしてやれば肝醤油の出来上がり。
これに刺身を付けて、ごはんの上に乗せて食べると、もう何も言えねえ。






イカの肝刺し。
肝醤油。

おすすめっす。

あ、ただし、肝の周りの肉に骨(甲?)が残っていることがあるので、しっかり取り除いてから食べましょう。

軟骨くらいの硬さなので食えなくはないですし、逆に好きな人もいるかもしれませんが、ボクは取り除いた方が好き。
--- スポンサードリンク ---