2016年11月11日金曜日

ショア青物準備 その2



更に着々と着弾中。

いよいよ準備も整ってきて、週末に向けてワクワクが止まらない。眠れないw





・ライジャケ SHIMANO VF-272N
 小さいポケットに何入れるか迷いましたが、アクションカムやヘッドライト用の予備電池を入れておきました。
 背中のポケットはかなり容量があって、アクションカムを立てておく三脚も入ります。素晴らしい。

・肩ベルト用ポーチ
 前から使ってる、カメラ用のapiaと、初めて使うパズデザインのポーチ。



・腰ベルト用サイドポーチ
 ライジャケのみだと積載容量がちょっと足りないので、パズデザインのものを追加

・玉之柄(7.2m)

・ギャフ





ステラSW8000も久々に使うので、ドラグの感覚もちょっと鈍ってるし、秤で計っておこうと思う。

ラインはPE4号(70lb 31kg)で、ドラグ設定は7~10kgくらい。


このクラスになるとジカタのショアキャスティングでライン切られることもそこまで多くないと思うけど、一応14000番スペアスプール(PE6号にスペーサー8号、リーダー100lb)も持って行こう。



いまだに悩んでるのが、フィッシュグリップの収納方法。
グリップホルダーに挿しておくか、どこかにぶら下げるか・・・ううむ・・・。



とりあえずサイドにダイソーのツールホルダーぶら下げて挿してみたらいい感じやけど、ちょっとバランス悪いのでマズメのフィッシュグリップホルダーを買おう。







エギングも楽しみっすな。

と書いたところで、メインラインの先端部2~3mほど毛羽立ってだいぶ傷んでたのを思い出したので、釣行までにリーダー再結束しておこう。




夜の山歩きは、またBTスピーカーで音楽大音量で流すことで怖さをしのごう。






↑これ、結構いいんですわ。

ボクの車はMUGENのマフラーが装着されてるのですが、それなりに「いい音」しますんで、スマホで眠気覚ましのBGM代わりに流してるAmazonビデオ(家のWifiで事前ダウンロード済)なんかの音が聴こえないんですね。

そんなときにこれ。

大音量でスマホの音声出力されるんで、「いい音」に掻き消されることもなし。
もちろん窓開けてても聴こえます。

大音量だと、磯へのエントリーで遭遇するかもしれないケモノへの牽制にもなりますし。
ナイトの磯歩きにはかなり重宝しております。

値段は安いけど、水にドブ漬けしたり磯にブチ当てたりしても壊れませんし、BTスピーカーにありがちな「ちょいちょい接続切れる」なんてこともありません。

ちょっと話が逸れた。



で。


準備して、実際の釣行をイメージしてみると、



「ああ、ドリンクホルダーがないな」


だとか、


「ロッドプロテクターがないな」


だとか、


「そういえば会社用のクロックスも買い換えようと思ってた」(本件とは無関係)


だとか、いろいろと思い出すわけですよ。




え。




結局何が言いたいかって?








週末に向けてワクワクが止まらない。眠れないw




ということです(2回目)





ヒラマサ出るといいなあ。


前回の教訓である、


「泡にバイトしてきたらスイープなアクションでルアーに注目させる」


これを肝に銘じておこう。
--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿