2016年10月20日木曜日

Now Preparing....尺アジ?ヨンマル?ゴウマル?



デカいのん狙う準備してます。

昨年と異なり、今年は秋もしっかりあるので、ちょっと冬になる前に調査しておこうと思ってます。



ん。


エギは関係ないwww






昨年実績のある海毛虫。
似たような性質の尺アジリンガー(安いのでこっちメインにしたい・・・)

いれば堅いのは上記ワーム。

これで釣ってみたい、てルアーは。



シマノ ソアレ
├スローダイバー
├アルテミア
└モモアジ



シマノ ソアレ エージグ

ジグヘッドのように、「動かさない」ことを前提に作られたメタルジグ。



ジグヘッドリグ同様、極端なフロント重心になっているので、前下がりの姿勢でフォールします。
ワームのような波動はないので、メタルジグ自体が小刻みにウォブリングすることできらめきを生み、アピールします。

時期的にはもうちょっと後ですが、昨年魚自体の存在は(サイズは置いといて)確認できてるので、後は口を使わせるだけ、だと思ってます。

持ち込むタックルは、

■ジグ単フィネスタックル
SHIMANO Soare XTUNE Ajing S508L-S
SHIMANO STELLA 1000PGS
SUNLINE 鯵の糸 0.2号 240m
リーダーフロロ0.6~1号

■メタルジグ含むバーサタイルタックル
SHIMANO Soare BB Ajing S604L-S
SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS
SUNLINE 鯵の糸 0.3号 240m(ジグ単用)
DUEL Armored F+ 0.2号 200m(メタルジグ用)
リーダーフロロ1~1.2号

こんな感じでいこうかと思ってます。

バーサタイルタックルのロッドとリールの価格バランスがおかしいけどw
とはいえ、Soare BB Ajingの実力の高さは既に確認済みなので、十分に通用すると思っています。




デイでの釣果はあまり望めないのですが、普段やらない船の際やストラクチャーの際をタイトに(かつ引っ掛けないように)攻める、というのがおそらくデイでアジを引き出すメソッドの中心になるので、今回アジングに絞る、というのもあって、そういった普段やらないこともやってみようかと。

また、ナイトは効率的にアジを探るために・・・、
・ジグヘッドは0.8gと1.5gを中心に
・ワームのカラーはアピールカラーとナチュラルカラーを
 (常夜灯下では、ソリッドカラーがナチュラルで、クリアがアピールだ)
・ワームの形状は、水押しのあるタイプとないタイプ
 水押しありはスローダイバーとかスパテラかな。水押しの弱いタイプはアジミートとかアジキャロスワンプとか

つまり、
ジグヘッド{0.8g, 1.5g}
 ×
ワームカラー{アピール, ナチュラル}
 ×
ワーム形状{水押し弱, 水押し強}
で、掛け算で8タイプのリグが必要になる、ってことですね。

ローテーションケースに事前に用意しておいて、手返しよく探っていこう。

とはいえ、サーチングは手返し重視なので、1.5gがメインになりますね。
1.5gで探る⇒小さいアタリが出て1.5gでは掛からなければ0.8gに落とす
というフローでもいいかも。

今さらながらこうやって真面目に考えてみると、そこまで真面目にアジを探る、ってやってなかったなあ。



ここ(40cmオーバー)まではいかなくても、



これくらい(尺クラス連発)いけば御の字ですな。




エギは関係ないw



    


    


   
--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿