2016年9月3日土曜日

地磯歩きや山歩きに必要なこれ!磯靴のソールをスパイクに張り替えてみた



ボクが使っている磯靴、SHIMANOのFS-163L

シマノの磯靴 ゴアテックス・カットラバーピンフェルトシューズ・FIRE BLOOD FS-163L を買ってみた

ゴアテックス・カットラバーピンフェルトシューズ・FIRE BLOOD FS-163L 初回使用インプレ



ゴアテックス生地で防水透湿性に優れているし、靴の着脱を容易にするboaダイヤルは車移動の多いランガンを助ける強力な機構です。

また、シマノのジオロックソールシステムは多彩なソールを張り替えることで、1つのシューズで様々なシーンに対応可能。

これまでは、
・堤防ではビブラムソール
・地磯ではカットラバーピンフェルトソール
を使用していました。

上記どちらも汎用性が高いのですが、唯一といっていいほど苦手な状況がありました。
それは




山歩き




です。


ってわけで、ソール追加しました、という話です。





by カエレバ


今回導入したのは、スパイクソールです。
これで粘土質や山歩きも楽々!


ビブラムやフェルト系ソールでは土が詰まってしまって滑っていたのですが、スパイクソールがあれば山歩きも安心です。



このポイント



このポイント

エントリーするのに山歩きが必要で、ソールの目が土で詰まってしまって危険なんですよね。
特に土に水分が多い時なんかはズルズルいってしまうので、雨後数日はエントリーしないようにしてました(詰まった土を洗うのが面倒、というのもある)

これでエントリーの自由度がもう少し上がるかなあ。


--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿