2016年9月19日月曜日

大雨強風の平戸堤防シイラ第3戦


雨でも行くかなー、どうすっかなー

で起きたのが7:30

平戸S港でシイラが回ってくる(とされている)のは下げ潮時。

満潮が10:00頃やったから、今からなら下げが効き始める頃には着けるかなあ。
どうしようかなあ。

で、外見たら大雨・・・

GPV確認

10:00頃からそこそこ強い北東風

ううむ・・・

大潮(後から調べたら中潮ですたw)
北東風
下げ

ただし豪雨の予報

ピンチはチャンスってやつか。

ボクの「嫌だな」は他アングラーにとっての「嫌だな」でもあり、それはライバルが減るということ。

そうなると撃ち場に自由度もできるし、ファイトもじっくり楽しめる。
(S浜シイラはヒットすると他アングラーが大挙して走ってきてラインを被せてキャストしてくるため、ゴリ巻き瞬殺推奨)


とりあえず行くだけ行ってみますか。

ま、厳しい条件下での釣りって嫌いじゃないしね♪



道中そこそこ降ってるので、これは楽しい一日になりそうな気がしてきます。

スマホにダウンロードしておいたAmazon Prime VideoのアラサーちゃんのドラマをBGM代わりに流しつつ、雨降ってるしってことで安全運転で平戸に10:30頃着。

路面はドライ。

ってことはしばらく降ってないのか。

風は北東からの微風。
ん。。。ちょい風が弱いな。

時刻は潮止まりにつき、潮の動きもいまいち。
まあここは時間が経てば。。。ね。


家でスナップの結束はやってるし、タックル準備していざ。

◆実釣日時
2016/9/18(日) 10:30-14:00

◆釣行場所
平戸S浜漁港

◆潮周り
中潮
10:03 満潮
16:11 干潮

◆水温
不明

◆ベイト状況
よう分からん小魚。
トビウオではない。

◆風
北東から1m/s
後に北東から4~5m/s

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE S1006H/PS
Reel: SHIMANO STELLA SW 8000HG
Line: SHIMANO OCEA EX8 PE 4号 300m
Spacer:DUEL HARDCORE X8 8号 6ヒロ
Leader:よつあみ ナイロン  100lb 4ヒロ
Lure:~120gの青物プラグ/ジグ
Target:青物

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER S1000MH
Reel:SHIMANO 15 TWINPOWER 6000PG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 3号 300m
Spacer:DUEL HARDCORE X8 4号 6ヒロ
Leader:ナイロン 8号(30lb) 6ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ/プラグ

◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:tailwalk AJIST TZ 510/SL
Reel:SHIMANO 14 ステラ C1000PGSSDH
Line: サンライン 鯵の糸 0.2号 240m
Leader:バリバス アジングマスターリーダー フロロ0.6号 0.3ヒロ
Lure:0.2~3gジグヘッド各種
Target:アジ


お遊び用のアジングタックル持参で~す。

堤防根元が空いてたので、根元は入ったことないし、ここに入ってみることに。


堤防には先客が20名ほど。
予報が「強雨」だったので結構空いてるかと思ったのですが、まあ同じこと考える人がいたってことですな。


ヘビータックルにはアゴペン110gタコベイトカスタム。
ミディアムヘビータックルにはオシペン115XS。
どちらもバーブは潰してバーブレス仕様にしてあります。

数十投して、反応なし。

今一つ潮も効いてないのでアジングタックルでお遊び。
何かしらのアタリはあるのですが、いまいちフッキングしない。

あと、このポイント(シイラ狙いでごっつい)でなんかほっそい竿振ってんな、という視線もw


そうこうしてると下げ潮が効き始め。
北東風もかなり効いてきました。

雨も降り出して、堤防のアングラー達が一人また一人と脱落していきます。


まさにチキンレース。

強がる雨風。
徐々に減っていくアングラー。

着込んだレインウェアも効かないくらいにびしょ濡れになるほどの雨風にさらされる頃。

堤防からはボク以外のアングラーはいなくなっていました。

見ると、堤防中腹の「くの字」に折れた立ち位置は荷物もなくなっており、ポイントが空いていたので移動。

更に強まる雨風。

既に、遠投したアゴペンは雨飛沫で目視できないほどです。

大潮(後から中潮と判明)
下げ潮
かなり強い北東風も効いている
堤防にはボク一人。つまり、魚に対してのプレッシャーは皆無。

疎外要因と言えば雨くらいですが、これはアングラーに対しての話であり、こと魚に対しては、警戒心を弱める要素になると考えると、わざわざ福岡から100km近く走ってここまで来て、

「雨降ってるから」

なんて理由で退散するわけにはいかない。

間違いなくチャンス。

「ピンチはチャンス」

自分にとってのピンチというのは、他人にとってもピンチというケースが非常に多い。
釣り場での豪雨なんかがそうですね。

発想を転換すれば、その状況を利用すれば、自分にとっては間違いなく「チャンス」なわけです。

トビウオは見えないけどw

とはいえ、

Keep Casting

これしかないわけです。

「おるあーーーー!」

誰もいないのをいいことに、気合いの掛け声でキャストしますw


そんな状態が1時間ほど?

もうパンツまでグショグショ。やりすぎ女教師(?)

今退散して着替え(用意してた)て帰宅とか完全に負け組やん。


やるしかないな。

釣るしかない。

渾身の力でフルキャスト!

着水直前にサミングで糸ふけを取り、着水後すぐにリトリーブ開始。

水面を跳ねる、潜る、の際どいリトリーブスピードでで泡をまとわせて引いてると、ティップを抑え込むようにググ・・・っと来た後






ガッツーン!





なんか来た!



すぐさまアワセを入れると、暴れ始めるターゲット。




ドラグをギャーーーーーーーっと出される。




あ、さっきドラグ緩めたんやった。



ノブを半回転グリグリッと。


そのままファイト開始。


グリップエンドを腹にセットし、ゴリ巻きファイトのポジションに。



気配なしにいきなり食いあげてきたので青物なのか?シイラなのか?






シュパーンとジャンプ



シイラや!



ジリジリドラグ出されたりゴリ巻きしたりで楽しいファイト。




「おるあーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」




雄叫び上げてファイトできるのも、堤防に誰もいないからこそw




ファイト時間1分ほどでしょうか。


もっと楽しみたい、という気持ちとは裏腹に、お持ち帰りしたいというはやる気持ちw



大雨の中、ギャフ持ってサポートに出てきてくれるアングラー。


ありがたくその厚意に甘えるも、やはり中々ギャフ掛けできない。



ここで、



(ランディング、自分でやりたいな)


という欲が出て、


「自分でやりまっさ」


と、ギャフを伸ばして・・・何度か失敗しつつも、3回目?4回目?で無事フッキング。

ていうか、アイウェアに付いた雨粒でギャフの向きが分からんかったw



ひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおう!!!!!



上げた瞬間は、ぶっちゃけ、メーターないかも!?


と一瞬焦ったけど、メジャー測定で102cm。ギリメーターw

すぐさま捌いて、尻尾と頭は海に帰して、胴体は半分にしてクーラーへ。
(大雨降ってたので、写真さっさと撮って帰りたかった)

これ以上持って帰っても仕方ないので14:00で納竿。



製氷機で大量の氷買って、しっかり冷やして。

大雨の中帰宅しました。


ひとまず、今年目標としていた、

ヒラゴとは言わないヒラマサ(60cm~)
ペンペンとは言わないシイラ(100cm~)

を達成して満足して。

帰ってドラグチェックしたら、4kgしか掛かってなかった。
6~7kgは掛けといてもよかったな。

ロッド(コルスナエクスチューン)はまだまだ余裕でした。

ヒットルアーはアゴペン110gタコベイトチューン。
フックはバーブ潰してバーブレスです。
しっかりライン張っておけば、シイラジャンプでもバラシませんでした(3~4回ジャンプしたかな)

シマノ(SHIMANO) コルトスナイパー エクスチューン S1006H/PS
by カエレバ


PS(Plug Special)と言いつつ、ジグもいける万能ロッドです。


シマノ リール 13 ステラ SW8000HG
by カエレバ

1m程度のシイラは余裕です。


アゴペン、ネットでは買えないけど、これが近いかな。

スミス(SMITH LTD) ルアー マグナムサージャー ブラックイワシ 3
by カエレバ


UZU Fishing lab ウズ 俺のシャバジグ 100g
by カエレバ

強い北東風(向かい風)で遠投しないといけないので、強めのタックルと重めのルアーがいいです。

ラインはオシアPE 4号

シマノ(SHIMANO) オシア EX8 PE PL−078L 300m 4号
by カエレバ

しなやかで、他の4号よりも圧倒的に強くて細い。
ぶっちゃけ、よつあみよりいいと思います。


調理編に続く。


にほんブログ村 釣りブログへ
--- スポンサードリンク ---