2016年7月24日日曜日

AKIRA氏と呼子方面でショアキャスティングという名の筋トレ



先週末にしっかり釣果は出したので、今週末はがっつかない緩い釣りをしたいと思いまして。

目的地は、呼子方面の人の少ない、景色と潮通しがよく水深のある波止。

やりたいことは、
・青物用タックルの扱い方の感覚を取り戻す
・青物用ルアー(100gクラスのメタルジグ、プラグ)の扱い方(キャスト、操作)の感覚を取り戻す
・青物タックルとルアーを扱えるだけの筋肉を付けるための筋トレ
・堤防でお昼ご飯
・堤防で昼寝
・お魚は釣れればラッキー(w)
という感じ。

まーとりあえず青物タックルで投げて操作してメシ食って寝るw






朝マズメから行こうかと思っていたのですが、駐車場着は5時半頃。
そこから歩いて準備して竿出しは6:00頃。



うーん。。。朝が早い今時期としては・・・朝マズメは・・・ほぼ終わってますな。
先に入ってたアキラ氏にも特にアタリはなかった模様。

まあいいや、釣れる釣れないは二の次なのでw

ひとまず準備して始めます。

◆実釣日時
2016/7/23(土) 06:00-13:00

◆釣行場所
呼子某波止

◆潮周り
中潮
05:22 干潮
11:25 満潮

◆水温
不明

◆ベイト状況
表層~中層/岸際~遠方/イワシっぽい小魚やアジ

◆風
北西から3~4m/s

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE S1006H/PS
Reel:SHIMANO 15 TWINPOWER 6000PG
Line: GOSEN JIGGING X8 Braid 3号 300m
Spacer:DUEL HARDCORE X8 5号 6ヒロ
Leader:よつあみ ナイロン  100lb 4ヒロ
Lure:~120gの青物プラグ/ジグ
Target:青物

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER S1000MH
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 1.5号(30lb) 300m
Spacer:SHIMANO POWERPRO Z 2号 6ヒロ
Leader:ナイロン 8号(30lb) 6ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ/プラグ
Target:青物

◆持ち込みタックル(ライトショアキャスティング)
Rod:SHIMANO DIALUNA XR S1006M
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 1.5号(30lb) 300m
Spacer:SHIMANO POWERPRO Z 2号 6ヒロ
Leader:ナイロン 8号(30lb) 6ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ/プラグ
Target:青物、シーバス

ベイトはかなりいる模様。
上述の通り、イワシっぽい小魚のスクールや豆アジが行ったり来たり。

フィッシュイーターが入ってきてくれてれば、ラッキー部分のお魚もGetなるか?



さっそく、コルトスナイパーMHでいろいろ投げてみます。

久々にこのロッド使いましたが、軽くて扱いやすくていいですね。
40g前後のジグやプラグでもしっかりバットにウェイトを乗せられます。

ボクが持っている青物ロッドは、
コルトスナイパーXTUNE S1006H/PS

コルトスナイパーS1000MH

XTUNEに関して。

ルアーウェイト120g上限とかなりハードなやつで、PS(Plug Special)と銘打たれてはいますが、ティップまでかなり張りがあります。

というかめちゃめちゃ硬いです。

一般的にはプラグ用のロッドって、特にティップがしなやかで、プラグがしっかり水を噛める(水面滑走しない)ように設計されていると思うのですが。

SHIMANOの松岡豪之氏によると、
「大型プラグをしっかり遠投して、しっかり操作する為に全体的に張りを持たせている」
とのこと。

PlugSpecialと言いつつ、メタルジグを扱う為の素養も備えているのが1006H/PS。

ちなみに先日の82cmヒラマサ獲った時も、ドラグはかなり締めてました(4kgくらい)が、ロッドにはまだまだ余力がある感じでした。

メーターくらいは普通にいけそうな感覚。

重いし硬いし疲れるけど、本気で青物狙うならこれかな。


by カエレバ


2013年と設計の古いロッドですが、現代のショアキャスティングシーンにも十分過ぎるほどに適応します。


に対して、S1000MHはというと。

かなりしなやかです。
キャストや操作時のロッド全体のしなり方が明らかに異なります。

ルアーウェイトの上限は80g。
まあ普通に青物狙うにはちょうどいいウェイト感のやつですな。

感覚的には、40g程度でも特に労することなくウェイトをバットに乗せて投げられます。

今回はぶっ飛び君(27g)やカッ飛び棒(38g)というショアキャスティングにはかなりライトなルアーも使いましたが、しっかりウェイトを感じでキャストでき、飛距離も出すことができました。

逆に、当たり前ですが、60gや80gのジグも普通に投げられます。

このロッド自体が軽いのと、適度なしなり。

重い(80gクラス)メタルジグをディープエリアで操作するにはちょっとしなやか過ぎるかな、とは思いますが、プラグ(ダイペンやポッパー)をナチュラルに動かすのは得意なロッドです。
(逆に、激しいアクションもしたい場合は1006H/PSの方が得意)

使っていてストレスのない、気持ちのいいロッドだな、と改めて感じました。


ガチ青物をこれから始めたい、という方には、軽くて扱いやすく、お値段もお手頃でいいロッドだと思います。

by カエレバ



バイオマスター付けて普通に運用しようかな。


by カエレバ



カッ飛び棒やらメタルジグやら投げ散らかしますが、特に反応なし・・・。

ちょっと昼寝の後、ガチの方(コルトスナイパーXTUNE H/PS)に持ち替え。



筋力がー。
と思ってましたが、この写真を見る限りでは、それなりにバットまで曲げられてますね。

まあ今日は筋トレとヘビータックルの使い方を思い出すのと昼寝(w)がメインなので、最悪お魚は釣れなくてもいいかな・・・



とか言ってたら釣れたりw
エソ先生やけどww



カメラで遊んだりしつつ、時間を過ごし。



お昼ご飯はこれ。

海辺で作るジャンクフード。最高。マジ最高。

そういえばぺヤングのソースって前から液体でしたっけ?
一回販売中止する前は粉ソースやったような・・・。

by カエレバ


今回途中で食糧調達に立ち寄ったコンビニに置いてなかったのですが、やはりクオリティの高いジャンクフード(なんだそれ)はカレーメシですな。

by カエレバ

先日の離島でアキラ氏が焼いてくれた肉がうまかったので、カレーメシをお湯で戻してる間に、スキレットとかで肉焼いて、カレーに乗せて食べるのもいいかも。


by カエレバ





アキラ氏は疲れてたようで、質はどうあれ、量はそれなりの睡眠を取れたようです。

ボクもちょいちょい寝てましたが、手をフナムシに噛まれて起きるパターン。
てか噛むなよフナムシが。熱湯かけるぞ。

その後はあきら氏にトリプルニットノット教えてもらったり、またカメラで遊んだり。



アキラ氏のキャスト。
ロッドぎゅーん。かっけー。





アキラ氏とボクのキャスティングフォームを比べてみたり。

アキラ氏は後ろ加重で、ボクは前荷重。

こうやって撮り比べてみるとキャスティングフォームってひとそれぞれでおもしろいすなあ。

と遊んでたら、13:00頃にボクの水が尽きてしまったのと、アキラ氏もそろそろ帰るってことで一旦上がり。



アキラ氏またよろしく!

ボクは自販機で水買って地磯にエントリー。

実釣日時
2016/7/23(土) 14:30-16:00

◆釣行場所
呼子某地磯

◆潮周り
中潮
11:25 満潮

◆水温
不明

◆ベイト状況
表層/岸際/イワシっぽい小魚

◆風
西から3~4m/s

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE S1006H/PS
Reel:SHIMANO 15 TWINPOWER 6000PG
Line: GOSEN JIGGING X8 Braid 3号 300m
Spacer:DUEL HARDCORE X8 5号 6ヒロ
Leader:よつあみ ナイロン  100lb 4ヒロ
Lure:~120gの青物プラグ/ジグ
Target:青物

◆持ち込みタックル(ライトショアキャスティング)
Rod:SHIMANO DIALUNA XR S1006M
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 1.5号(30lb) 300m
Spacer:SHIMANO POWERPRO Z 2号 6ヒロ
Leader:ナイロン 8号(30lb) 6ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ/プラグ
Target:青物、シーバス



歩きが長い・・・暑くて死んでしまう・・・。
通り掛かりのおじさん(実はここは観光地だw)には
「チヌ釣りですか?」
と訊かれるw
ううむ・・・チヌ釣りの恰好ではないと思うのだがw



頑張って歩いて到着。

沖瀬がサラしてますな。

カッ飛び棒ならあそこは余裕で届くはず・・・
ヒラスズキ頂きまーす!!!!

これはワクワク・・・



ワクワク・・・



かえりまーすwwwww


水深あって潮も走ってるけど、お魚の反応はなし。

サラシを通しても、瀬の際を通しても、何も起こらずw

嫁様から
「そろそろ帰ってこいアホ(意訳)」
というLINEが来たので撤収と致しました。


まあいい汗掻けたし、いい運動になったかな。


水深は、100gのジグで25カウントほど。
おそらく水深20mくらいはあるんでしょうね。

ボトムも柱状節理で構成されているようで、メタルジグが隙間に入ってスタックすること数回。
ラッキーなことにロストすることなく帰ってきたのでよかった。

一発の可能性はありそうなんですが、やはり真昼間は無理ですか・・・

朝マズメで来てみたいですね。
んー、ここ通いたくなってきた。


ちなみに本日の写真は、HDR-AS200Vで撮ってた動画からの静止画切り出しや、インターバル撮影してたもの。

こういう使い方(静止画切り出しやインターバル撮影)もありですな。

アクションカム楽しいっすよ。

by カエレバ






--- スポンサードリンク ---

2 件のコメント:

  1. AKIRA2016年7月24日 12:09

    疲労困憊のまま釣り突入だったけど灼熱の防波堤昼寝最高よねっ^^
    釣りもキャスティングフォームも確認も出来て改良の余地アリって気付きました(゚∀゚ ;)タラー

    今回は釣れなくても海を感じロッドを握れたら良かったんでマッタリした時間を楽しめたねっ!!

    次はガチで魚狙いに行くかっ!?(いつも釣れないけど)小声で(汗)

    返信削除
    返信
    1. To AKIRAさん

      まいどでっす。
      気持ちよさそうに寝てましたねーw
      ボクはフナムシに噛まれて起こされました・・・

      キャスティングフォームに関しては、じきに動画を上げるのでお楽しみに♪

      次はどこに行きましょうかねー。
      日帰り離島かなあ。

      削除