2016年6月19日日曜日

唐津一文字でデカアジ狙いのアジング!

そろそろ唐津一文字でのデカアジシーズンかな、と思っていた矢先、いいサイズのアジが釣れ始めた、との情報をGetし、行ってきました唐津一文字。

約1年ぶりの渡瀬(沖堤防ですが)になります。

実はここ、同じく約1年前にアキラさんと出会った場でもあります。

行きも帰りも同じ便。

たしか9時だかに帰りの予約を入れていたのですが、なかなか帰りの船が来ず、同じ状況だったアキラ氏といろいろと話して仲良くなりました。



◆実釣日時
2016/6/18(土) 04:10-06:30

◆釣行場所
唐津一文字堤防(白灯台)

◆潮周り
大潮

朝方下げ5分ってところ

◆水温
測り忘れた

◆ベイト状況
目視できず

◆風
東から1~2m/s

◆持ち込みタックル(アジング ジグ単)
Rod:tailwalk AJIST TZ 69/SL
Reel:SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS
Line: サンライン 鯵の糸 0.2号 240m
Leader:バリバス アジングマスターリーダー フロロ0.8号 0.3ヒロ
Lure:1~3gジグヘッド各種
Target:アジ

◆持ち込みタックル(アジング メタルジグ)
Rod:SHIMANO Soare CI4+ Ajing S704LS
Reel:SHIMANO COMPLEX CI4+ 2500S
Line: サンライン PE-EGI ULT 0.3号 240m
Leader:サンライン ベーシックフロロ 1.25号 0.5ヒロ
Lure:メタルジグ
Target:アジ


ちなみに唐津一文字とは、唐津湾の入り口に位置する沖堤防で、東側に位置する鳥島から伸びる通称・白灯台と西側に位置する大島から伸びる通称・赤灯台の2本があります。

梅雨で雨が降り始めた時期から夏にかけて、かなりいいサイズのアジが釣れるというスポットですが、年間通していろんな魚種が釣れる楽しい波止でもあります。

赤灯台には渡ったことはないのですが、聞く限りは白灯台の方が魚種豊かだそうです。

今回も1年前と同じく"一樹丸"に乗っての唐津一文字への渡瀬を行いました。

乗船の仕方について、どこにもちゃんと書かれていないので、ここに書いておきますね。


①渡船予約について

予約は不要です。
当日、ホクト釣り具にて乗船チケットを買うのみです



②始発について

始発は時期によって異なるようです。
昨年の今頃は確か4:30だった気がしますが、今回は4:00が始発便でした。



③乗船について

唐津東港にて、ホクト釣り具で買ったチケットを渡して、乗船名簿に記名します。



④帰りの便について

定期船ではないので、定期的な渡船の往来はありません(結果的に、乗船の渡瀬のお客さんに合わせる形で半定期便化していますが)。

乗船名簿に帰り時間指定欄があるので、ここに予定の上がり時間を書きましょう。
そうするとその時間に一樹丸が現れてくれます。



上記と併せて、TKTNが取ったフローについて書いておきますね。


●前日

ホクト釣り具に電話して、始発便の時刻を確認する。
「え?は?全然聞こえんとよ!」
とまるで客を客とも思ってないおばはんとやりとりし、なんとか始発便が4:00であることを確認。
その旨を現地合流するアキラ氏に連絡。

●当日

2:30
福岡市内の自宅発。
始発便出発の4:00に合わせて、30分前にはホクト釣り具へ着くように移動(ホクト釣り具から唐津東港はクルマで5分くらいです)。

3:20くらい
ホクト釣り具着。
先に到着していたアキラ氏と開店を待ちます。

3:30
ホクト釣り具開店。
おばちゃんに白灯台へ渡ることを告げ、料金の1,000円を手渡し、白灯台行きの乗船チケットをもらい、東港へ移動。
駐車場という駐車場はありませんが、そこらへんに置いていいらしい(ホクト釣り具のおばちゃん曰く)

3:40
唐津東港到着。
ガイドにラインを通したりして準備をする。

3:45
一樹丸船長到着。
船のエンジン掛け、乗船確認の準備開始。

3:50
桟橋上、一樹丸の前に木の台とライト、乗船名簿が設置される。
おっちゃんに乗船チケットを渡し、乗船名簿に
行き先(今回は白灯台)
氏名
住所
電話番号
帰り時刻(今回は7:00)
を記入し、乗船。

4:00
5名ほど釣り客を乗せた渡船は白灯台目指して出発。

4:05
白灯台到着。
運よく先端付近に陣取ることができた。

という感じです。



一番に竿出ししたアキラ氏から
「おおう、めっちゃ当たって来るよ」
と嬉しい報告。

こちらも準備しつつ様子見てる感じだと、かなり表層かな。

ボクも外海側テトラに下りて、レンジクロスヘッド1g+一誠 海太郎シルキーシャッド2inch グローホワイトに蓄光させてキャスト!

ちょっと嫌な横風をいなしつつ、表層をチョンチョン カーブフォール・・・コツコツコツコツ

おお、たしかにアタってくる。

久々の魚の反応(w)に1投目はうまく食わすことができなかったので2投目。
今度はコツコツコツコツ・・・とアタった瞬間にティップを少し送って食わせてやると・・・、コン!

よっしゃー!

と寄せて、抜き上げ。


AJIST TZ 69/SL + Soare CI4+ C2000PGSS
鯵の糸 0.2号 + フロロリーダー0.8号
レンジクロスヘッド1g+一誠 海太郎シルキーシャッド2inch グローホワイト


おおう。ちょっといいサイズのマアジやねえ。

並んでアキラ氏とアキラ氏友人のYSHRさんとアジを捕獲していこうとしますが、今一つ食いが浅く、そもそもフッキングしない、フッキングしてもバレやすい、となかなかハードな状況。

それでも小サバやマアジと遊んでいよいよ夜明け。

デカアジ来るか!?

3人で気合いを入れてリグを投入しますが・・・


安定の小サバw

安定の小マルアジw


表層~中層ではデカアジは現れず、ボトムまでリグを送って、ボトムから中層に狙いを変えてみます。

リグを1gから3gクラスに変更。

と、チョンチョン、の後のカーブフォールでゴツッ!と凄まじいアタリ

すかさずアワせた時の重量感は、

「これは・・・重い」

と思わせるほど。

そのトルクフルな引きから、これは青物系ではないと判断。

おそらく根魚。

エステル0.2号にリーダーはフロロ0.8号とかなり心もとない状況ではありますが、ドラグを少し締めて、なるべく主導権を与えn ・ ・ ・ 潜られたwww




ラインを張らず緩めずの状態にすると、ティップから消えていく重み。



出てきたな。



すかさず浮かしに掛かり、愛竿AJISTのあまりの曲がりように周囲の釣り人の注目を集めつつ、なんとかランディング。






AJIST TZ 69/SL + Soare CI4+ C2000PGSS
鯵の糸 0.2号 + フロロリーダー0.8号
尺ヘッドD 3g + バークレイ スライダーシャッド グリーンパンプキン


ちょっといいサイズ、25cmくらいのキジハタ。
ランディング直後にフロロリーダーが歯で切れました。
結構ギリギリの状態やったみたいです。

嫁さん妊娠中で匂いに敏感になってるため、そもそも今日はお持ち帰りの予定がなかったので、アキラ氏に進呈しました。

リーダーを再結束し、同じようにボトムを攻めると・・・



AJIST TZ 69/SL + Soare CI4+ C2000PGSS
鯵の糸 0.2号 + フロロリーダー0.8号
尺ヘッドD 3g + バークレイ スライダーシャッド グリーンパンプキン


かわいいガシラw


その後はマルアジ釣ったり小サバ釣ったり、デカアジの回遊はないまま帰りの7:00を迎えて納竿。

ボクは1~3gのジグヘッド単体でゲームを組み立てましたが、陽が出てからはメタルジグに切り替えたアキラ氏にもデカアジは来なかったので、今回は回遊がなかったんでしょうね。

波止全体を見ても、デカいの獲ってる感じはなかったですし。


上記の通り、陽が出てからは、全域で反応は薄いのですが、2方向から下げの潮が払い出してぶつかり、潮ヨレが目視確認できるようなピンにリグを落としてやれば、明らかに反応が増えました。

やはり海の中にも一等地はあるようですねー。

そういったピンをしっかり見極めていけるようになれば、釣果upに繋がるのでしょうね。

まあ、また今度、ってところですかねー。

今回の反省点(次に改善)

その1. COMPLEXにダブルハンドル要らない
基本的に動の釣り用なので、シングルハンドルでよい

その2. 位置取り
先端付近に入れたけど、もう一歩先端に寄るべきでした

その3. タックル選択
マズメ時のAJISTへのこだわりもいいけど、あそこはやっぱりパワータックルでいきべきでした



動画も撮ってるので、後日編集して投稿しますね。
(アキラ氏もう少しお待ちを・・・)
--- スポンサードリンク ---