2016年5月24日火曜日

糸島で朝錬エギング


久々に釣果写真を載せられました(苦笑)

出社前の短時間朝練でGet!

前に魚の写真を載せたのはいつ!?





遡ってみると・・・

この記事でした。
5/8。釣果はちっこいアイナメ。

まあまともな釣果ではないですね・・・。

その前は?

http://ssmtktn.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html
5/3。
沖磯まで行って、風になびくサイズのガシラのみw

これもまともな釣果ではないです・・・。


http://ssmtktn.blogspot.jp/2016/04/blog-post_13.html
4/13。
アメフラシ・・・w

http://ssmtktn.blogspot.jp/2016/02/blog-post_22.html
2/28
激渋ながらもアジをGetしてますね。
いやあ、3ヶ月ほど、ほぼほぼノーフィッシュで過ごしてきましたTKTNですが、今日はやったりましたw


◆実釣日時
2016/5/24(水) 05:30-07:00

◆釣行場所
糸島ホーム

◆潮周り
中潮

04:46 満潮

◆水温
不明

◆ベイト状況
表層/岸際~遠方/イワシ、ハクっぽいの


◆風
東から0.5~1m/s

◆持ち込みタックル(エギング)
Rod:SHIMANO セフィア XTUNE S809M/F
Reel:SHIMANO 14 ステラ C3000SDH
Line: GOSEN DONPEPE8 0.6号 200m
Leader:サンライン ベーシックFC フロロカーボン 2号 1ヒロ
Lure:エギ
Target:アオリイカ


◆持ち込みタックル(ライトゲーム)
Rod:SHIMANO Soare CI4+ Ajing S704LS
Reel:SHIMANO コンプレックス CI4+ 2500S
Line: サンライン PE EGI ULT 0.3号 240m
Leader:サンライン ベーシックFC フロロ1.5号 0.5ヒロ
Lure:~10gミノー、バイブレーション
Target:シーバス


早起きして、ダッシュでホームへ。
5:30から実釣開始。
陽は登りきっててマズメは既に落ち着いてる、といった感じです。

時刻は干潮潮止まり直後。
海面はベタアーーーーーっという感じで、流れもなさそうです。

エギングタックルとライトゲームタックルを持ち込みましたが、まずはエギングタックルで。

エギ王K、エギ王Q、アオリーQと4号エギ中心に表層からボトムまで刻んでいくと、エギ王Kスイッチングピンクに反応あり。

ボトムからおりゃーっと3シャクリしてからのカーブフォール中に、もうあからさまに「トン!」という明確なアタリ。

すぐさま合わせると重みが乗った!!!

っしゃ!

と叫んだのもつかの間、重みが消える。。。バラした。


その後ライトゲームに切り替えるも、フグらしき魚にノットを噛まれてロスト。

エギングタックルに再度持ち替え、さきほど反応があったエギ王K スイッチングピンクをキャスト!

中層をフワフワさせてると、またもや「トン!!」という分かりやすいアタリ。

が、アワセはスカ。

すぐさまフォローのパニックジャークも反応なし。

いろいろ試すも時刻は6:55。

7:00には納竿、が本日のリミット。

潮目こそ発生しないものの、キャスト後のフリーフォールで随分エギが流されるようになってきました。
やっと潮が動いてきたか・・・。

やるなら今、と最後の1キャストにリーサルウェポン(=最終兵器)パタパタを選びます。

ezQcastラトル ケイムラゴールドグリーン 3.5号
※流行りのランガンタイプではなく、軽いやつ


ルアーが軽いのと、前面投影面積が小さいシェイプをしているので、かなりシャクリは軽いです。
また、パタパタフットによりブレーキが掛かり、かなりメリハリのある機敏な動きを見せます。



よし。
君に決めた!



フルキャストしてフリーフォールでボトムを取ります。

ハイピッチジャークで表層まで跳ね上げます。

一呼吸分カーブフォールを見せた後、テンポを緩めたジャークでそのまま足元までスキップさせながら寄せると、2杯のアオリが着いてきました!







きたあああああああああ!







いただきいいいいいい!







フォールを入れます。



軽いパタパタはこういう時にスローにフォールしてくれるからいいですね。
フォールを長く見せられる、というシャロータイプの強みがあります。


すぐさま取り合うように抱いて来て、アワセ。
やり取りには特にドラマはなくw、あっさり500gくらいのメスアオリをGet。



やっぱり信頼と実績のパタパタケイムラカラーです。

しかもうまそうなサイズです。

すぐさまもう1キャストしてもう1杯を狙ったけど、ダメなので納竿。


帰ってソッコーで捌いてお刺身にしました。




アオリは無駄にデカいキロアップ級より、400~500gくらいが好きです。
引きはデカい方がいいのですが。

仕事終わって帰宅してからの晩酌が楽しみで仕方ないです♪



◆釣れたエギ


※笛木氏いわく、底取らずに中層で軽めのジャークをテンポよく、がいいらしいです。エギのロストリスクも低くていいですね。


◆アタリのあったエギ






--- スポンサードリンク ---

2 件のコメント:

  1. おお!アオリおめでとうございます!
    僕は今春は1kgのコウイカ一杯でエギング終了しましたよ笑

    平戸、朝まづめ間に合わなかったくらいの時間から昼過ぎまでのデイゲームです!
    最果て、宮ノ浦港からのショアですよ!
    ちなみに、イワシは次々逃しつつたまに死に餌にしてブッコミやってました
    途中1度死に餌のイワシにかかったのですが、安い投げ竿に対して引きが強すぎるのと
    根に潜られラインブレイク…クエや青物だったかもしれませんが…
    ベイトっ気は凄かったのですが、ショアジグにはアタリなしで水面も静かでした。

    返信削除
    返信
    1. To るきさん

      まいどでっす。

      コウイカってなんであんなにデカくなるんですかねw
      アオリ釣りましょう。うまいっすよ。500gくらいならw

      宮ノ浦ですか!
      また遠くまで行きましたねー。

      あそこはたしかにクエ狙いのゴツイ竿持った人がいますね。
      クエも青物もいいっすね!

      ボクはもうしばらくは糸島で修業します!
      ツインパワー直ったら平戸行こうかな。

      削除