2016年5月3日火曜日

宮之浦で青物ヒラスズキ修行キャスティング~実釣編~



乗船前編はコチラ



3時に出船し、僕らは宮之浦の南に位置する尾上島に下ろしてもらう予定にしてたけど、餌師ルアーマン合わせて6名?7名?乗せた船は北向けて出港。

「まあ最後に回されてもまだまだ暗いし、クルージングやと思って」

と開き直ってたら、下阿値賀のハナレで

「下りてくださーい」

と。

なるほど、長潮という小さい潮を考えて、しっかり潮が動く下阿値賀とハナレの間にできた水道を狙いなさいってことか。

うねりもないし、サラシも出ないので、朝マズメ終わったらすぐに青物に切り替えた方がいい、とは船長のアドバイス。

あざっす。

気合い入れて竿振るっす!



瀬に下りて荷物を固めて、さっそく準備開始。


◆実釣日時
2016/5/1(日) 04:00-16:30

◆釣行場所
宮之浦沖磯

◆潮周り
長潮

05:00くらい満潮
11:00くらい干潮

◆水温(バッカンで組んだ海水)
17.4℃

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE S1006/H/PS
Reel:SHIMANO 15 TWINPOWER 6000PG
Line: GOSEN JIGGING X8 Braid 3号 300m
Leader:よつあみ キャストマン ナイロン 100lb
Lure:~120gの青物プラグ/ジグ
Target:青物

◆持ち込みタックル(シーバス)
Rod:SHIMANO DIALUNA XR S1006M
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 1.5号(30lb) 300m
Leader:サンライン クインスター ナイロン 8号(30lb) 2ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ、〜25gプラグ

※エギングタックルも持ち込んだけど使わず

暗い中、エギング始めたAKIRAさんはさっそくヤリイカをゲット。おお、さすが。

ボクはシーバスタックルでエギ投げるも、アタリなし・・・。

AKIRAさんもその後続かず、どうやら単発のヤリイカっぽい。

そのあとまたまた単発でアオリ釣ってるところもさすが。

こちらはアタリすらなし・・・。



そうこうしてると、徐々に空が白み始めた。

目の前の水道はものすごい激流。

フローティング系のルアーは一瞬で流されるが、なんとかダイペンとミノーを交互に撃っていく。

が、反応なし・・・



敗戦ムードが漂う中・・・、2人でルアーを投げ倒す。

スナップがないのと疲れるのもあってジグは封印してたんやけど、ちょっと狙い方を変えるためにジグに交換。ボトム中心に探っていく。

水道の水深は5~6mってとこか。

北側のオープンエリアはフルキャストしても15mくらい。

南側が深くて、おそらく20~25m。

深さのある南側には潮が当たってよれた海域がある。

100gのジグをフルキャストして着底を待つ。
着底後すぐに、大きいしゃくりを5回。ベールを返してフリーで落とし、着底を待つ。
を繰り返す。

・・・

・・・

・・・

ジグでは反応がないので、これで最後、っと撃投レベル80gをフルキャスト!
すると、リールのベールが戻り、スペーサーとメインラインのノット部分スペーサー側がブチ切れて飛んでった・・・ああ、歴戦の勇士撃投レベルが・・・数少ないオーシャンスナップが・・・

すぐさまスペーサーセットを取り出し結束。



ヘッドディップ175Fにヘッドディップ140Fに投げ倒す。

が、反応なし。

ヘッドディップ140F、今回初めて使ったけど、これいいね!


撮影:AKIRA氏

小さいのによく飛ぶし、アクションもかなりキレのいいS字ダイブ。
水もしっかり噛んでアクションさせやすい。

強めのロッド操作でスプラッシュを上げてダイブ!







けど、反応してくれるお魚がおらず・・・。

シーバスタックルに持ち替えて、TGサルベージ26gで対岸の瀬の際を撃っていく・・・と、瀬にフックが掛かってTGサルベージ殉職。おうふ。

スピンテールに変えて、ボトムを叩いていく・・・。

着底後のアクションでググッと持ち上げてからのテンションフォー・・・がつ!!!

きたあ!!!

待望のアタリに思わず叫び声w

が、AKIRAさんおらずw

ポンピングで浮かせに掛かるも、軽い・・・ブルブルしてるけど軽い・・・

最後は水面割ってスポーンと飛んできた。



風になびくサイズのガシラwww

すぐにリリースして、疲れてきたので瀬替わり後を考えて休憩。



しかしすげー風景。

予定より30分近く早く渡船登場。はえーし。ソッコーでロッドバラシてロッドケースに片付けてると、
「タックルそのままでいいよ」
と船長が言ってくれた。



なるほど、船にもロッドポストがあるので、瀬替わりの時はそこにタックルさせばいいらしい。
さすがに最初の出船とか撤収時は人も多いからあんまりよくないやろうけど。



次の戦場は上阿値賀。



どうやら本日、デイでヒラマサが出たらしい。

が、ヒラマサ出した本人は瀬替わりらしい。

ということで、ボクらが入れ替わりで入ることに。

そもそも

「釣ったやつが瀬替わりってことは、もう釣れないんじゃ」

という気持ちは拭えなかったがw



こちらも景色はサイコー。ジュラシックパークみたい。

船長(とヒラマサ釣った人)の話では、ここでヒラマサのボイルがあったらしい。

が、事の顛末を見ていた餌師に言わせると、

「あれはボイルじゃない。1匹が小魚追いかけまわしてただけ」

とのこと。

うむ、どうやら詰んだっぽいが、まあ投げてみましょ。



はい、ダメです。
一応2時間粘り、時刻は12時。







AGAKEやらストロングアサシンやらメタルジグやら投げ倒したけどダメで。

昼に迎えに来るってことやったので、瀬替わり準備して待つこと2時間w来るのおせーわw



AKIRAさんも待ちくたびれてますよ。

別の渡船業者で磯に上がってこられたご年配が、

「丸銀は時間にルーズ過ぎるから使うのやめた」

とおっしゃっていたが、確かにそうだ。

出船時刻は1時間早まり、
1回目の瀬替わりは30分前倒し、
2回目の瀬替わりは大幅に遅れ(12時とは約束してないが、14時はお昼とは言わんやろ)、
結果的に3つ目の磯では1時間近く早く迎えに来た。

うむう。



最後の戦場。尾上島。やっと来れましたw



はい、帰りますwww

おやっさん曰く、

「潮がこまいときは釣れんよ」

とのことw

もっと早く知っておきたかったw


◆今回得た教訓

宮之浦の沖磯(特に青物狙い)は、潮が大きいときに渡りましょう
スナップ類一式含め忘れ物がないように出発前にチェックしましょう(最低限のチェックリストの運用)
魚用クーラーは重いのでクーラーは食べ物飲み物用の小さいもののみとし、魚はドンゴロスに入れましょう(釣れんかもしれんしw)
荷物はバッカンではなく、でかいリュックにひとまとめにしましょう
タックルはロッドケースに入れるのではなく、ロッドベルトでまとめてティップカバー等で保護した状態で乗船しましょう

上記で沖磯かなり快適になるかな。とにかく手荷物が多いと大変。



◆釣果実績

風になびくガシラ(リリース)
AKIRAさんが作ってくれたステッカー(食料持ち込み用の小さいクーラーに貼りましたっ!)



AKIRAさん、お疲れした!!!!

また釣りいきましょう!

あ、誕生日おめでとうございました(_△_;)

P.S.

3回目の瀬替わりの際、恰幅のいい紳士エギンガーが船に乗っていた。

見たところ、どうもしんさんのブログで拝見している、

天下一餌木王会の脇山会長

ではないか?

と思ったのです。

エギングロッド2本(しかもセフィアBBとソルパラじゃないかな)、背中にぶら下げた使い込まれたギャフ、手や服には返り血ならぬ返り墨。

失礼ながら、しんさんブログで伺う風貌からは相当に強面で実際に怖い方かと思いきや、率先して荷物の回収に立つ、非常に好印象な方なのでした(若手で力も有り余ってるので・・・というボクの更に先に船首に立たれてた)。

失礼のない範囲で(?)ジロジロと見つめると、クーラーには「脇山○○(一応伏字に)」というステッカーが。

おお、やっぱ脇山会長やんか。

あとから丸銀のHP見ると、脇山会長、アオリ連発。しかも3kg筆頭。やばい。

と、ボク自身の釣果には恵まれなかったけど、いろいろと楽しめた沖磯でした。
--- スポンサードリンク ---