2016年2月6日土曜日

糸島ヒラスズキング



プチ寒波が来てるというのに、手袋は釣り用の薄手のもので原チャ釣行したら、手が霜焼け一歩手前のTKTNです。

原チャ用のネオプレンの分厚いの持って行ってたのにね。着け替えめんどくさくて・・・。

さて、糸島の地磯を巡ってヒラスズキを狙ってきたのでその釣行記を。

メモ程度に、クー 100Fの簡易インプレも。



◆実釣日時
2016/2/6(土) 11:00-16:30

◆釣行場所
糸島

◆潮周り
中潮

08:56 満潮
14:23 干潮

◆水温
15:00 11.0℃

◆持ち込みタックル
Rod:SHIMANO DIALUNA XR S1006M
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 0.8号(16lb) 200m
Leader:ナイロン 8号(30lb) 2ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ、〜25gプラグ

今回は低予算での釣行のため、原チャで移動っ!

まずは大きく移動して糸島西端近くのS地磯へ。

北風+いい感じのサラシ(*´ω`*)

うねりが足元までせり上げてくることはないが、波飛沫は頭から被る状態。

まあいいさ!

シマノ ストロングアサシン129Fでサーチ開始。

さすがの飛距離やけど、反応なし。

シマノ トライデント115Sで更にサーチ範囲を広げる。

このルアー、その名の通り、槍の如く飛んで行って気持ちいい。

がしかしバイトなし。

バイブレーション試したりもしたけどダメ。

ならばと昨日買ったデュエル アイルマグネットDBを投入。

着水後、リトリーブ開始すると、フワッと重みがなくなった!
バイトしてこっち向いてる!?!?!?!?

即座にアワセの動作!!





宙を舞うライン…ルアーがない。



あれ?



急いで巻くと、スナップ開いてるやん…締め忘れたかな?



悲しくもサラシの中で泳ぐアイルマグネットDB(画面中央やや下にぽつんと浮かぶレッドヘッド)

タモでは届かんので・・・

救助役として暗殺者を派遣することに。

ストロングアサシン!
キミに決めたっ!!!(ポケモン風)

4投目くらいかな。

カツンというアタリ。

きたーーーーーーーー!!

アワセ動作はせず、サラシに追い付かれないように落ち着きながら寄せて来る。



Good Job アサシン!
おかえりアイルマグネット!



リアフックアイにしっかりフッキングしてました。

さて、アイルマグネットも救出したし、場所移動しましょう。

の前に、ちょっと立ちこんでルアーのスイムチェック。
ルアー垂らしてグルグル回るとその場でスイムチェックできておもしろいw

■SHIMANO(シマノ) EXSENSE(エクスセンス) COO(クー) 100F



リップレスなフローティングミノー。

見た目沈みそうに見えないけど、絶妙なバランスとヘッド形状で、ウォブリング控えめのローリングで水面直下(10cmクラス!)をまっすぐ泳ぐ。

リップがないので、リトリーブスピードが早過ぎると浮き上がってしまうけど、ある程度のリトリーブスピードから急にリトリーブスピードを上げたり(ハンドル回転速度を瞬間的に上げたり)、ロッドを水平に煽ってミノーを急加速させると、それまでのキレイな動きが破綻して、180°近くローリングする。

これでリアクションバイト誘ったりできるんじゃないかなあ。と思った。

X AR-C(発砲素材のボディでボディ重量を軽減、その分をAR-Cウェイトに追加し、更に飛距離を伸ばす構造)で飛距離も抜群。

しかし、ややボリュームのあるボディもあって、飛行姿勢はトライデントのようにはいかない。まっすぐ飛ばせる投げ方が見つかればこれはものすごい武器になりそう。

【シマノ】 エクスセンス クー100F  X AR-C レンズグリーンシャイナー
by カエレバ

--- レビューここまで ---

さて、次はまたもや漁港絡みの磯であるK崎地磯。








北西からの風を遮る位置では無風やけど、岬の先に立つと暴風。やばいw

ここでもいろいろ投げ散らかすが、反応なし。移動。

次はH山からエントリーする地磯へ。

この北西風ならおそらく正面からの風になり、なおかつピンから20mほどの位置にある、干潮近くでは頭を出す沈み根がいい感じにサラシてるんじゃないかと予想。







予想通り沈み根に絡んでサラシてるけど、先行者あり。

更に奥に進んで、沈み根周りを攻めてみる。

ストロングアサシン→アイルマグネット→バイブレーションと投げて反応なし。



今日はダメかなー、とスイムチェック目的でゴリアテ145Fをキャスト。

この風、うねりの中でもしっかりユラユラ泳いでくれるんやねー、と感心しつつの、4投目くらい?

着水と同時に巻き始めてすぐ、ゴッ!という感触とともに、ロッドティップが持って行かれる!

うお!きた!

すかさずアワセに入ったけど、バイトが浅く、フックアップせず。
集中力足りんかった・・・。

すぐさま同じところを通すも、反応なし・・・。

スピンテールに付け変えて、表層からボトムまで探っても反応なしで、納竿。



うーん、最後のは集中できてなかったが故やけど、惜しかったなあ。

次からはスイムチェックといえどしっかり集中してやろう。

【シマノ】 エクスセンス クー100F  X AR-C レンズグリーンシャイナー
by カエレバ

--- スポンサードリンク ---