2016年2月12日金曜日

呼子沖の離島へ遠征キャンプ釣行



昨年通いに通ったアジ天国な呼子沖の離島。

11月頭にAKIRAさんと遠征した時はアジさんいらっしゃらなかったけど、今回なんとか数釣ることができました。






11時の便で渡り、デイタイムはヒラスズキ狙いのため、荷物はかなり多め。

ロッドケース、しっかり役立ってます。ありがとうAKIRAさん。

出発してほどなくして到着。




ナイトの為に寝とかないと、と思ってたけど。。。まあ無理よね。久々やし。

まずはベースキャンプにテントを設置。

そしてタックル準備して、ヒラスズキタックルでミノー投げつつ、港内の海中を偏光グラス越しにチェックしていく。

◆実釣日時
2016/2/11(木) 12:00-14:00 ヒラスズキ
2016/2/11(木) 17:00-22:00 アジ
2016/2/12(金) 05:30-07:30 アジ

◆釣行場所
呼子沖 離島

◆潮周り
中潮

朝マズメ&夕マズメ 干潮

◆水温(バッカンで組んだ海水)
21:00 14.0℃

◆持ち込みタックル(シーバス)
Rod:SHIMANO DIALUNA XR S1006M
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 1.5号(30lb) 200m
Leader:ナイロン 8号(30lb) 2ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ、〜25gプラグ

◆持ち込みタックル(アジングエステルタックル)
Rod:tailwalk AJIST TZ 69/SL
Reel:SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS
Line: サンライン 鯵の糸 0.2号 240m
Leader:バリバス アジングマスターリーダー フロロ0.5号 0.3ヒロ
Lure:0.2~3gジグヘッド各種
Target:アジ

◆持ち込みタックル(アジングPEタックル)
Rod:SHIMANO Soare CI4+ Ajing S704LS
Reel:SHIMANO COMPLEX CI4+ 2500S F4
Line: サンライン PE EGI ULT 0.3号
Leader:サンライン ベーシックフロロ1号 0.5ヒロ
Lure:0.2~3gジグヘッド各種
Target:アジ



あれ。ここ昨年は藻がなかったけど、今年はビッシリなんやね。。。
マズメはここで撃とうと思ってたけど、これはちょっと藻に苦戦しそうなので、脇のテトラで撃つことにしよう。



そして東側の磯へ。

うむ。

サラシなんぞまったくないw

仕方ないのでDUEL アイルマグネット3Gリップレスのスイムチェックしながら進んで行く。

アタリももちろんない。
水温は14℃とかなり高い。



天気よくて気持ちいいなあーーーーーー。



ボチボチ腹も減って来たのでベースキャンプに戻る。

今日は昼も夜も明日の朝もカップ麺w

選択肢は、
・汁なしジャージャー麺
・豚キムチラーメン
・天かすそば
の3つ

明日の朝のためにそばを残すとして。



選んだのはジャージャー麺。



量はちょっと不満やけど、まあうまかった。



何より、海辺で食えるってのがもうプライスレス。

さて。腹も膨らんだところで、ちょっと休憩してから、西波止の様子を見に。

西波止外側のテトラから。
かなり強めに潮が走っており、期待できる。

キャストして表層を通すと。。。



コツン!と当たってくれたのはちびメバル。

リリースして次を狙うが続かない。

波止に戻り、西波止先端まで撃っていくが反応なし。

ベースに戻って休憩し、夕マズメでアジを迎え撃つ為、ピンに立つ。

アジが現れるまでひたすら撃つ。

ひたすら撃つ。

ひたすら・・・

コン!

とひったくられたが、なんか引きが違う。
これガシラやな。

で。



やっぱガシラ。

正面から吹き付ける風がやりにくいので、フォローになる立ち位置から、PEタックル(Soare CI4+ Ajing S704LS)で3gジグヘッドを追い風キャスト。

ボトムまで落として、ボトム際をゆっくり引いて来ると・・・コツン

スッとスイープにアワセ。

乗ったのを確認して、念のための追い合わせ。

こちとらPE 0.3号。
ドラグもフルロックに近いくらい締めてるので、ドラグを出すことなく足元へ。

Soare 7.4fは強いコなので抜き上げ。



やったぜアジGet。
サイズは尺いかんくらい。

尺HEAD D 3g(JAZZ 尺ヘッドDXマイクロバーブD #6 3g漁師P

海毛虫グローホワイト(クレイジーオーシャン 海毛虫

しかし同じコース通しても再現せず。

暇つぶしにSoareとAJISTの比較写真でも。



AJISTほっそいなあ。



かなり陽も落ちて来た頃、夕マズメのゴングが鳴る・・・

夕マズメ開始、最初にSoareでゴリゴリ獲ってから、エステルタックルのAJISTに持ち替え。

離島の尺サイズにエステル0.2号が通用するか?

試してみる。

アジスタ2.5gに海毛虫グローホワイトを装着し、キャスト。

表層をトゥイッチしながら引いて来て・・・コン!

ドラグジリジリ出されつつも寄せて来て、抜き上げ。28cm!

同じコースで再現!抜き上げ!31cm!

その後もしばらく連発。

ここは、いっちょ試してみるか、

と、この前、「34の新製品ならブログで釣果書けばアクセス伸びるやろ」と打算的な買い方した34 オービー あめいろに交換。

さっきまで当たってた表層を通す・・・無反応。

あれ?

もう一度同じコースを通す・・・無反応。

あれ(汗)

レンジを変えてみる・・・無反応。

おい。オービー。あかんやんけ。ボクのアクセス数どうしてくれんねん!

海毛虫グローホワイトに戻してキャスト、表層を通すと・・・コン!

オービーあかんやん・・・レビュー書こうと思ってたけどやめたw

そんなわけで、1時間ほど続いた夕マズメはこんな感じ。



1月頭に買ったエスカルゴメジャーやっと使えたw



Maxで33cmくらい。
Aveは27〜28cmってとこかな。

写ってるのは14匹やけど、テトラの影から殺気立ってた猫に5匹ほど上げたので、釣り上げた数としては20匹くらい。

夕マズメ始まるちょい前から相当風強くて、エステル0.2号のアドバンテージがかなり活きたと思う。

これ0.4とか0.5やったら釣りになってなかった。

かつ、鯵の糸の強さはやっぱかなり頼りになる。

さすがに尺に絡むようになるとそれなりに走られるけど、尺クラスでも抜き上げは可能。
テトラの上で角度付けて抜き上げるとロッド折れそうやったんで、やばそうなのはタモ使ったけど。

マズメ用に鯵の糸0.35号巻いたスプールも持って来たけど、これはケースバイケース(主に風)で使う必要がありそう。

少なくとも、離島のマッチョな33cmクラスなら0.2号でも押さえられると確信した。

そしてこの日驚いたのは海毛虫の爆発力。

正直「何やっても釣れるんじゃね?」と思いつつ投入したオービーが不発で、海毛虫は100%アタって来た。

強い風の中、しっかりリグをピンに届ける為にはジグヘッドを重くせざるを得ずに選択した2.5gというウェイト。

表層を意識したアジに食わすには、やはり表層を引くしかない。

そういう状況で、表面積の大きい海毛虫はフォール速度をスローにしてくれるし、そのデザインから、フィッシュイーターからはかなりファットに見えて、かつかなりクネクネして艶かしい動きをしてるはず(もちろん吸い込み性能も高い)。

「デカアジ釣りたきゃコレ使え」

といったパッケージのキャッチフレーズ通り、アジストに尺アジ鱗付けをさせてくれた有能なワームと感じた。

クレイジーオーシャン 海毛虫
by カエレバ

加えて、いい仕事したのはAJIST TZ 69SL。

エステル0.2号で2.5gとかのジグヘッドフルキャストすると、ラインに負荷が掛かって切れてしまったりするんやけど、ティップからベリーに掛けての柔軟な調子で、キャスト時のライン負荷を分散してくれて、安心してヘビーリグを投げられた。

これは名竿やと思う。
柔軟な調子と、その調子からは想像もできない高感度。
「獲れる」「獲れない」で言うと間違いなく「獲れる」ロッド。
あ。メバルは苦手です。足元で突っ込まれると無力。

夕マズメに満足して、ベースに戻って夜ご飯。


夜は豚キムチラーメンです。
今日は驚くほど温かく、フル防寒で挑んだら汗だくw

翌朝の寒さ避けの為に、マグボトルにコーヒーを淹れておく。
かなりの猫舌なので淹れ立ては暑くて飲めないけど、少しでも温かいものを飲むことで寝袋からの脱却率は大幅に向上w

さて、時間はまだあるので、ちょっと調査に。

中波止は、まさかの4本竿出しのおっさんがいて攻められないので西波止港内を探るが・・・


金魚


豆アジ(言うても20cm弱)

豆アジ。


時々メバル。
ストラクチャー際や、明暗の境目で。
メバルはいいサイズやったけど、アジはサイズ落ちるなあ。
金魚とメバルはリリースして、豆アジは翌朝の猫てなづけの為にキープ。

時刻は22:00。

いい加減疲れたのでベースに戻り、寝袋で就寝。キャンプ楽しい。

zzz

zzzzzz

ZZZZZZZZZ

4:30に起床し、昨晩淹れたコーヒーを一口。

テント中でカップそば作成。


温かいの食べると活動パワーMaxなるよねw

あったまったので、朝マズメポイントへ移動。

アジスト+エステル0.2で暗いうちから反応。


アジスタ 2.5g(林釣漁具製作所 ティクト アジスタ! M 2.5g

海毛虫グローホワイト(クレイジーオーシャン 海毛虫)海毛虫グローホワイト
再現するような?しないような?

爆発力に欠けた朝マズメに苦戦し、朝マズメ終了。


2匹ほど掛けた後、上から探って反応がないので、ボトムを流してみると・・・コン!

スイープにアワセると、底潮に乗ってドラグをギャンギャン鳴らしながら暴れ回る。

これ、ヨンマル(40cm)いったんちゃう?

とハイテンションで寄せたけど・・・尺にも満たず・・・底潮恐るべし。



結局、どん欲な猫にイマイチサイズを3匹ほど進呈。

それでも行儀よく待ってるもんやから、最後にガシラ釣ってあげた。



結局、爆発力に欠ける朝マズメは



尺足らず3匹・・・

まあ、暴れさせて群れが散った感あるけど、楽しかったからいっか♪




9:00便でさようなら。またくるのは2016年末かな。
今度はヨンマルと遊ばせておくれ。

疲労困憊で帰ったけど、クルマが堪え難いほどに汚れてたので洗車とワックス掛けまでして本日終了。

ビール飲みつつ、へべれけなりながらブログ書いておりますw




全然関係ないけど、TKTN日誌は釣りに特化してるので、チャリのブログも立ち上げようかと考え中。
--- スポンサードリンク ---