2015年12月31日木曜日

釣り納めはアジングドラグ独奏曲



アジング楽しいぜフォーーーーーーーー!





さて。

最近は呼子好調、ボクも好調、今回は釣り納め、とあって、もう鼻息Maxでアジングに挑んで来たTKTNですおはこんばんちわ。

どれくらいの鼻息かというと。


フロロ0.8号リーダーとか用意しちゃうくらい。


前日にジグヘッド+ワーム作って、しかもワームとジグヘッドを接着剤でくっつけちゃうくらい。


アジ〆用のはさみホルスターを自作しちゃうくらい。
# はさみが移動時に落ちない、ホルスターは水を吸わない、洗える、でこれはかなりいい


とにかく、テュポーン先生もびっくりな鼻息の荒さなのである。
ていうかこの画像はなんや・・・ティファの具が丸見え・・・?



◆実釣日時
2015/12/30(水) 17:30-21:30

◆釣行場所
呼子

◆潮周り
中潮

18:12 干潮

◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
Reel:SHIMANO Stella 1000PGS
Line: サンライン 鯵の糸 0.2号 240m
Leader:SUNLINE フロロ 0.8号
Lure:0.2~3gジグヘッド各種
Target:アジ

今回、同じく釣り納め?の会社先輩も現地集合で一緒に。

17時頃に現地着。

タックル準備していざ波止へ。

会社先輩も鼻息が荒そうで、先に来て釣りしてたけど、特にアタリはないそう。

見てみると、ベスポジには先行者がいるが、奥さんと子供も一緒っぽい。

これはマズメを待たずして帰るんじゃないかと、近くで待機してたら、やっぱり帰った。

水色は澄み潮。
まだデイやし、ならばクリアが効くやろうと選んだのはレンジクロスヘッド 1g+海太郎 スパテラ 2inch クリア。

17:30頃から先輩と並んでキャスト開始。

最初にドラグサウンドを慣らしたのはボクのリール。


と思いきや、釣れたのはカマス。

カウント5の中層で。
アクションは見切られないように大きめのダートで。

アカカマスかな。

もうちょい大きければ持って帰るけど、このサイズは食べ方にも困るのでリリース。

今のはノーカンとして、更にキャストを続けると、またもやカマス。リリース。

ちょっとレンジを変えてみるかとカウント10(=ボトム)まで落とすとアジ釣れた(写真なし)

まあいつもの気が早いアジやろうってことで、落ち着いてキャスト続行。
日が暮れきるまではボトム中心に。

日が暮れて、いよいよ常夜灯が作る明暗がハッキリしてくる頃、フィーバータイムに突入。

状況としては潮止まり。やや濁りも入っているため、ワームをクリアからグローが効いてるアジキャロスワンプグローオキアミパワーに変更。

ド表層〜カウント5を行ったり来たりで入れ食いとまでは行かずとも、20時半頃までポツポツ釣れ続け(写真なし)

ここで事件発生。
先輩のタモが壊れてネット部分を海に奉納。

からの、ボクのタモもしまう時にシャフトのエンドが外れてエンドなしタモに。油断するとエンドから中身が飛び出すwww

からの先輩がロッドティップをキャロ代わりにキャストするというアクシデントwww

すかさず、ボクの不具合発生中のタモを渡そうとしたら、アジ釣れててんやわんやw
とりあえずアジはバラして、タモを手渡す。

なんとかティップ回収して、釣り再開w

そんなことしつつも。


身体が反ってるけど・・・いいサイズのメバルも釣れた。

リリースするつもりやったけど、この状態から暴れて鱗がかなり剥げてしまったのでお持ち帰り(ボクはメバル食べないので先輩に贈呈)

先輩は巻きの釣り。
対して、ボクはアクション付けて食わせる釣り。

ここまで、ボクがやや優勢(といっても、12〜13匹釣ってるうちの2〜3匹程度の差)。

しかしここで、両者アタリがなくなる。

レンジを変え、ワームカラーをグロー⇒クリア⇒チャートと変えても反応なし。

完全に付き場が変わったか、ここでは口を使わなくなったと判断して、
「ちょっと大きいの探してきますわ」
と常夜灯の光が届かない闇場である、漁港入り口に移動。

まずは表層から探るも反応なし。

カウント5までレンジを下げると、待望のアタリ。
が、釣れたのは18cmくらいのサイズ。

なるほどそこにいるのね、と同じレンジをもう一度通すと、完全な反転食いをしてボクのステラのドラグを泣かせながら走る走る。

ファーストランに耐え、そこからはロッドに仕事をしてもらいつつ、こちらに誘導し、特に苦もなく25cmのアジをGet(写真なし)。

更なる連発を狙おうと同じレンジに入れても反応なし。
かなり走られたし、警戒モード?

レンジを下げたり上げたりしてもダメ。

このポジションには見切りを付け、少し常夜灯に寄ったポジションで再開。

表層からボトムまで探っていくと、ボトムで超スローな動きに20cm程度のアジが反応。連発。

これはパターン掴んだ。

と思った矢先、漁船が通ってレンジが変わる。

おもしろい。

おもしろすぎる!

レンジサーチを再度行ってみる。

表層。
カウント5。
カウント10。

反応なし。

仕方ない。
もっとシビアにレンジコントロールしてやろう。

5刻みのカウントを3刻みに変更。

すると、カウント3でアタリ。アジGet。

ほら来たー。

と同じレンジを通して、3連発。

ちなみにこの間、周りは釣れてませんw

ここで同じことしても反応がなくなる。

レンジを変えてもダメ。

ワームでもズレたか?

ライトを照らして見てみるも、特に問題なし。

ライトを消すと、ぼんやり光るグローオキアミパワー。

もしや?

もう一度ライトで照らし、しっかり蓄光。

すぐさまキャストし、カウント3のレンジに入れると・・・ガツッ!

うっほ。そういうこと?ワームの発光に反応してんの?

連発してるときはアジからジグヘッド外す時にライトで照らしてたので、定期的に蓄光できてたけど、あるタイミングで蓄光が十分でなく、食いが下がった…?

おもしろすぎやろーーーー!

そのまま更に2連発(毎回蓄光)。

その後もコロコロ変わるレンジを探っては釣り。

1時間以上釣れてない(?)先輩は「そろそろ上がる」と。

ボクもあと1匹釣ったら帰りますー。
と言ったものの、アタリがなくなった。

ふむ。
どうすしたもんか。

とりあえずワームが結構ボロくなったし、3inchに反応しなくなったんかもしれん。

ラスト1匹やし、それ釣ってスレてもいいやってことで、アジキャロスワンプからアジミートに変更。カラーはグローオキアミパワー。しっかりたっぷりド派手に蓄光して、キャスト。

カウント3には異変なし。

カウント6で引いて来ると、ややリグに重みを感じる。

おお、もしやこれが中層の流れってやつ?

ならこのレンジにいるんとちゃう?

更に集中力を高め、レンジキープに努めつつ、トゥイッチ。ステイ・・・コン!

ほらああああああああああああ!
きたやんんんんんんんんんんんん!

「っしゃ!ラスト一匹獲った!」

って叫んでしもたw

もう今日は読みが当たりまくって超楽しい〜〜〜♪

最後は18cmくらいのかわいいサイズやったけど、しっかり〆てバッカンに入れて血抜きしつつ納竿。


抜き上げでバラしたり、フィッシュグリップで掴んでからバラしたりもあったけど、なんやかんやキャッチできたのは23匹のアジと1匹のメバル。

2015年はアジングから始まり、アジングで終わることになった。

2014年の9月頃から始めたアジングやけど、最近やっとそのコツが分かって来て、自信も付いてきた。

まあそのへんの詳細は今度ブログネタにでもしよう。

そんなわけで、最高に楽しいアジングで2015年の釣りを締めくくれました。

ちなみに先輩は10匹?くらい。

ポイントは、
・アジのレンジの変化への追従
・中層の潮流へのアプローチ
・グローワームの蓄光
で、「投げれば釣れる」なアジングではなく。

周りも全然釣れてなかったし、後半はボクのステラのドラグ独奏曲状態で超楽しかった釣り納めでした♪
--- スポンサードリンク ---