2015年12月27日日曜日

呼子方面で2匹目のどじょう狙いアジング


本日もアジングやるって決めてたので。

鷹島か呼子か悩んで、クルマ走らせる段階ではほぼ鷹島で心が決まってたけど、二丈浜玉道路を走ってるうちに、昨日の釣れ方が再現するのか試したくなってやっぱり呼子へ。




◆実釣日時
2015/12/27(日) 17:00-20:00

◆釣行場所
呼子

◆潮周り
大潮

16:28 干潮
22:48 満潮

◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
Reel:SHIMANO Stella 1000PGS
Line: サンライン 鯵の糸 0.2号 240m
Leader:SUNLINE Fluoro 1号 / ナイロン 1号
Lure:0.2~3gジグヘッド各種
Target:アジ

◆持ち込みタックル(マイクロジギング)
Rod:SHIMANO Soare CI4+ Ajing S704LS
Reel:SHIMANO  COMPLEX CI4+ 2500HGS
Line:SUNLINE PE EGI ULT 0.3号 240m
Leader:SUNLINE Fluoro 2号
Lure:1~5gジグヘッド各種+ワーム、メタルジグ
Target:アジ

17時にポイントイン。

昨日プチ爆った常夜灯下のポイントに、デイで入ってみる。

今日はデイ/マズメ用にストロングなSoare CI4+ S704LSも持って来た。

腰巻きライジャケに装着したロッドホルダに、使わないタックル(Soare XTUNE+Stella 1000 もしくは Soare CI4+ + COMPLEX CI4+)を挿しておけば機動性も抜群。

キャストの時にジグヘッドとかメタルジグが挿したロッドに当たらないように注意しないとあかんけど、何回か当てたw

本日は明確にルールを設ける。

キープは20cm以上。20cm未満はリリース。

全部持って帰ると処理が大変やから。

さて、デイでの釣果は・・・ホゲ。反応なし。

マズメも反応なし。

しかも干潮。

これやばいんじゃね?

漁港入り口の水道に移動。

まずは常夜灯が効いてる範囲をザッと探る。特に反応なし。

日は完全に落ちて、マズメは終わってる。

常夜灯の明暗の際狙い。

リグは尺ヘッドR 1g + アジキャロスワンプ グローオキアミパワー

暗に放り込んで表層レンジキープしたまま明に差し掛かる瞬間・・・ムニュ。

明確なアタリではなかった。

風もある。

ひとまず聞き合わせでロッドを立ててみると"もたれる"ティップ。

食ってる。

ってことでアワセると、エステル02に合わせたドラグをジリジリ出される。

ドラグとロッドのしなりに仕事してもらって、結構いいサイズやったのでタモ入れ(鱗付け完了!)して27cmくらいのアジGet!(時合のため写真なし)

体高あってぷりぷりしてうまそう〜♪

同じパターンで・・・コン!


またもや20cmオーバーで既にキープ2匹。

この後はノンキープサイズを15匹ほど。

完全に常夜灯周辺はノンキーパーサイズが占拠してるなあ。

こういう時は、常夜灯から1歩離れた闇場でgood sizeが静観してたりするんよなあ。

と移動して1キャスト目。

やはり表層でムニュっと当たって来た。


狙い通りの1匹。

その後も2匹追加して、アタリが遠のき。

それなりのサイズも出たし、明日もアジングしたいからお土産は最低限にしとこってことで納竿。


結果、20cm以上のキーパーサイズは6匹。


最初に釣った27cmくらいのアジ。体高ぷりぷり。


さっそくお刺身になってもらい、ボクと嫁さんで頂きました。

脂控えめでさっぱりしてて、釣りたてなので歯ごたえもあっておいしかった。
--- スポンサードリンク ---