2015年11月21日土曜日

平戸方面へ遠征

2015年9月。
平戸市は宮之浦に忘れ物をして帰って来た。

一度は掛けた、おそらく大型のヒラマサ。

水温もそれなりに下がっており、個人的都合を鑑みて今日がBestなタイミングと判断して、深夜のうちから福岡市内の自宅を出発。




当初ショアジギング/ショアプラッギングに加えてアジングやエギング、シーバスとなんやかんややろうと考えていたが、仕事からの帰宅が想定外に遅くなった事に依る出発時間の遅延でほぼショアジギングのみに。

自宅発が夜中の1:30。

相当に疲れており、平戸大橋を渡る頃には既に一眠りしたい気持ちで一杯だったが、到着が更に遅れることでポイントに入れなかったりすると、もう何の為に宮之浦くんだりまで来たのか分からなくなるので、気合いを入れて運転。コーヒーとガムが進む進む。

そんなわけで、途中食材を買い出したりしつつ無事4:00前に宮之浦着。

ポイントの前にクルマを止め、ウェアに着替えて4:30まで仮眠することに。

30分寝た事でスッキリして、準備の後ポイントへ入磯。


<帰り際に撮った写真>

ここ最近糸島でファイト一発しているので、これくらいの磯なら難なく渡れるぜえ〜。



◆実釣日時
2015/11/21(土) 05:00-17:30

◆釣行場所
平戸

◆潮周り
長潮
朝方満潮

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE  S1006H/PS
Reel:SHIMANO 15 TWIN POWER SW 6000PG STELLA SW 6000スプール
Line:DUEL HARDCORE X8 3号(50lb) 300m
Leader:ナイロン 14号(60lb)
Lure:30~120gジグ、~100g プラグ
(Spare Spool:GOSEN JIGGING X 8 Braid 2号)

◆持ち込みタックル(エギング)
Rod:SHIMANO Sephia XTUNE S809M/F
Reel:SHIMANO Stella C3000SDH
Line:よつあみ G soul SUPER JIGMAN X8 0.6G 200m
Leader:SUNLINE Fluoro 2G
Lure:エギ、シーバスミノー、etc
Target:アオリイカ、シーバス

◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
Reel:SHIMANO Stella 1000PGS
Line: よつあみ チェルム アンバーコード 0.25号 150m
Leader:SUNLINE Fluoro 1.2G
Lure:0.2~3gジグヘッド各種+ワーム、メタルジグ、プラグ、etc
Target:アジ
(Spare Spool:DUEL Armored F+ 0.1G 100m)

空が明るむまではエギ投げたりミノー投げたりするけど反応なし。

これ、やばい?と思ってライトで水面をサーチしてみると、パシャパシャとベイトが跳ねて、ちょっと安心。



いよいよ空が明るみ始めたのでショアキャスティングタックルに持ち替え、忘れ物を取(獲)りに。

SHIMANO オシアスポウター150Fをキャスト!
100g近いウェイトがあるのでカッ飛んでいく。

ポッパーにありがちな空中での姿勢崩壊もない。更にはその重量から繰り出される強烈なスプラッシュ。
そのあとグリグリリールを巻く事で泡を纏いながらの水面下皮一枚の潜航。

が。

反応なし。



ならば、とオシアロケットダイブ187Fに。

こちらは85gとウェイトは控えめやけど、AR-C(可動バランスウェイト)を搭載しているため、その名の通りロケットのように飛んでいく。

ダイビング時のスプラッシュは控えめ。

が。

反応なし。

あれ。
忘れ物どっかいっちゃった?

激投レベル80gにチェンジ!

高速リトリーブのStop & Go。
ワンピッチショートジャーク。
スロージャーク。

反応なし。

どこいった忘れ物。

8時まで粘るも何も起きないので、移動を決意。

ボクの忘れ物はきっとどこか違うところに流れてしまったんや。

正直宮之浦で結着付けてあとは余裕ぶっこいて帰るつもりやったので、この後のプランがない。

Google Map見てたら前津吉にいい感じの地磯発見。
距離も5kmほどなので行ってみる。

の途中にもう一個いい感じの地磯を見つけたので寄り道で入磯。



やや浅そうやけど、先端まで行けば潮も効いてるし、忘れ物あるかも?


と思ったけど、ここにはなかった。

雰囲気よかったんやけどねえ。



前津吉の手前にマルセイというスーパー発見。

ここ、弁当が298円とかでかなり安い。

写真のおにぎりも大サイズで100円。

レパートリーも多く、平戸南部の食糧拠点にできそう。



さて。前津吉に到着。

地磯いい感じやんー。


 しかもファイト一発あり。

いいねいいね。楽しませてくれるね。

手がかりにと掴んだ岩が怪しく、揺すってみるとボロっと崩れた。

そっからおぞましい数のフナムシ出て来た時はマジで鳥肌立った・・・。


いいじゃないいいじゃない!

めっちゃいいじゃない!

がしかし。

船である。

網を投下している。

潮通しいいし、魚もいるって証やね。

ってことで邪魔にならんように更に奥を目指す。



雰囲気抜群でございます。

地磯は進めば進むほど釣れる気がする釣り人の性。



タイドプールには大量のウニ。

すごいね。こんなん初めて見た。

がしかし、ここにも忘れ物はなく・・・なんなん。どこいったん。
しかし、小規模なタイドプールには鱗を剥がした痕跡が。

チヌかクロやろうか。

意気消沈のクルマへの帰り道、地元のおっちゃんに挨拶したらいろいろ教えてくれた。

飯良か早福がいいと。

もともとは根獅子に行く予定やったけど、ここはおっちゃんを信じて飯良に行ってみる事に。

忘れ物。

どこにありますか。

どこにもありません。


たまにシーバスっぽい単発ナブラが起き、

「あなたの忘れ物はヒラマサですか?シーバスですか?」

と海の女神様に聞かれたけど、

「シーバスではありません。でっかいヒラマサです。でもシーバスも欲しいです」

などという贅沢な注文は叶わず。

平戸は景色いいよねー。

疲れて飯良の堤防で30分くらい寝てしまった。

地磯側。雰囲気抜群なんやけどー。

ここに見えてる側に行くにはでかいテトラを渡らないといけないので、今回は遠慮した。

おそらく飯良のベストポジションはここ。

餌師が帰ったので続けざまに入らせてもらうがノーバイツ。


水も超キレイ。

平戸といえど、やはり場所によっては強い濁りがあるんやけど、飯良のこの水たまり(というか、テトラで隔離された海)はめっちゃキレイやった。

時刻は15時。
そろそろ納竿も視野に入れて、最後は白浜の様子を見に行く事に。

前回来た時にNKYMさんのルアーにデカイ青物?が飛びついて来た、って話やったけど、それきっとボクの忘れ物に違いない。

返してもらいます。


よっしゃ!

よっしゃ!!

大人げなくライトタックルでボウズ逃れ・・・。

一応ジグにプラグに投げたおしたんやけど反応なしにつき。

とりあえずボウズ回避したってことで日が沈みきった17:30に納竿して帰宅。



帰りによったまるきん糸島店で無料配布してた。

SHIMANO EXSENCE販促用っぽいね。

たしかに欲しくなったわw


そんなわけで、結局どこにいったかすら分からなくなったボクの落とし物。

もしかして誰か別の人が拾ったのか・・・。

次回はいつかなー。
--- スポンサードリンク ---