2014年11月30日日曜日

週末アジング釣行

DSCF0590.jpg

会社のエギング先輩が最近アジングにハマりそうで。

というのも、ボクが誘ってるからなんですが。

「デカアジ(尺以上、欲を言えば40cm以上)釣りたいよね!」
なんて会話を日々しています。

そんなわけで、3日ほど前に
「来年の目標尺アジ釣ることにしますわ」
と、来年の抱負を。

まずは練習ってことで、本格アジング釣行に行ってきました。


場所は、
「ここならデカいアジが回ってくるんじゃないか」
という場所。

先輩と綿密な調査の末、場所を決定。ボクが切り込み隊長として調査することに。

結果から言うと、

大アジ×2(30cm、40cm)
中アジ×9(25~30cm)
小アジ×12(20~25cm)

と、調査としては大成功。
早くも来年の目標をクリアしてしまった。

そんなわけで振り返り。

DSCF0554.jpg

荷物はなるべく少な目で。
釣り場まで行ったら、そっから先はひたすらランガンするのみなので、なるべく荷物はコンパクトに。

内容は、
エギングタックル(エギ、メタルジグ、根魚)
アジングタックル(ジグ単、キャロ)
で。
大物用にタモも。

まとめたつもりやったけど、結構な荷物になってしまい。
これが離島釣行なら、全部持って歩かないとあかんので、もっとまとめないとあかん。
今回は結局根魚もメタルジグもエギもほとんどやってないので、アジングに絞るべきやった。反省。

DSCF0563.jpg

暗くなるまでー、とメタルジグ投げたらベラが食ってきた。貪欲なやつめ。

DSCF0564.jpg

アジングロッドでミニメタルジグ投げたらコアラ。

DSCF0570.jpg

日が暮れたらジグ単に切り替えて。
今回は終始1gのジグヘッドで、ワームのカラーチョイスは潮が濁ってたらアピール色(白、ピンク、チャート)、澄んでたら地味色(クリア基調)で。

釣座に関しては、一ヶ所に留まらず、群れがいなくなったと思ったら回遊待たずにランガン。
結果、デカい釣り場を何度も往復することに。

DSCF0566.jpg

たまにムツが遊んでくれたり。

DSCF0572.jpg

自分なりに、デカいのはこういうところにいるんじゃないか、と思ってリグを通すと・・・出ました!手のひら2つのギガアジ。
ちなみに僕の手のひらは20cmあるので、40cmあるなしサイズ。
タモ枠が45cmなので、そんなもんかと。

こんなにデカいの初めてで。

浮かせた時の暴れ方がシーバスみたいで、マジでシーバス掛けてしまったんかと思った。

DSCF0576.jpg

ガシラも釣れーの。

写真は撮ってないけど、ヨコスジフエフキダイ?も大量にいた。根魚みたいな走り方するね。

アジを拾うように釣り歩いて、時には同じところを何往復もし、時にはフィッシュグリップを忘れて急いで取りに戻ったり。

DSCF0582.jpg

結果、朝日を拝むまでひたすら歩いては竿を振り、楽しい一夜でした。

DSCF0586.jpg

釣果もそれが現れてて。
ちなみに後半はクーラーバッグが重くなるのが嫌で、25cmないであろう個体は全部リリースした。
15尾くらいは逃がしたので、個人的に、一晩の釣果としてはかなりの量。

DSCF0583.jpg

DSCF0588.jpg

最後は謎の魚とメッキに遊んでもらって、納竿。

DSCF0594.jpg

帰ってさっそく、中アジを刺身に。うまいうまい。

釣果の3/5くらいはエギング先輩に引き取ってもらった。
今度一緒にギガアジ釣りにいきませう。

■振り返りと今後の施策
エギングタックル、メタルジグ、根魚いらん
⇒目的が明確な釣行(今回はアジング)なので、アジングタックルだけでよい。

風があるとPEはダメやな。
⇒エステル最高。

クーラーバッグでかすぎて邪魔
⇒ライトゲームなのでもう一回り小さいので。

■Keep事項
服装。今回は暖かかったけど、半袖Tシャツ、長袖Tシャツ、ネルシャツ、ベスト、ウルトラライトダウンジャケット、ウインドブレーカーのレイヤーは良かった。ウインドブレーカーはペラペラなので、ここは強化可能。

夜はレーシングジャケットのレンズをクリアにしたけど、目を潮風から保護できてよかった。んでもコンタクト外してメガネにしちゃうのが一番やね。

そんなもんかな。
次回に活かそう。

以上!
--- スポンサードリンク ---